ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
戻る
70㎡、3LDK、マンションの「例の間取り」からのリノベーションNo.1724
所 在 地 :
兵庫県宝塚市
築  年:
平成2年築
面  積:
71.27m²


価格 :
物件1000万円台前半+リフォーム1240万円+施主支給
部位 :
全面




ここまで「モノへの執着」を持つことができるものか、と、持つもの置くもの身に着けるもの、
すべてに対し、大事に大切に使い続けてきている施主様ご夫婦。
ひとつひとつにストーリーを、そして薀蓄(うんちく)を持っていらっしゃいます。
住み慣れた大阪からリノベーションの箱を求め、たどり着いたのは宝塚。
古いながらも平成築のマンション。駅からやや距離はあるもののフラットアクセス。
広さが70㎡強ありながら、リフォーム費用を確保しても予算内に収まるということで、
不動産購入は早くに決まりました。
しかしながらリノベーションの方は、TOYO KITCHENアウトレットを見に岐阜へ行き、
棚板や雑貨等々のインスピレーションを得るために和泉に行き、
と、ひとつひとつに時間をかけてこだわり尽くすこととなりました。
特に、間取り、壁材、床材、はよくよく吟味しました。
一度住み始めると、この箇所の工事にはかなりの労力と手間がかかります。
70㎡のマンションによくある「例の間取り」とは全く違う一室へと変貌を遂げました。

壁、天井はすべて珪藻土仕上げにしています。乾湿の調整機能が高く、オープンキッチンでも、空気をよくしてくれています。
LDK上部には梁を利用した本棚を設置。床材は全室無垢材で幅広タイプを採用しています。
コイズミの手元照明。カバーは京都の雑貨店で施主様がオーダーした特注品です。
L45等級の遮音材+3層挽板のナラ材突板のフローリング。突き板でのすので反りにくい商材です。(遮音は管理規約に則っています)
メインの居住スペース。フィンランドの巨匠、アルヴァ・アアルトの名作artekのテーブル、椅子を中心に。
Fog & Morup社のペンダントライト。
「ルプ」社のステンレスキッチン。排水口、ジャバラ管までステンレスです。シンク幅を80センチ確保したく<br />L字タイプを採用しましたが、結果的に作業がし易く、家事動線が向上しました。
ネイビーの50㎜角タイル。目地は「スーパークリーン目地」。掃除もしやすくなっています。
風と視界の抜け感を出すために、子供室、UB、洗面、キッチン、洋室の間、すべてに室内窓を付けました。玄関側からバルコニー側まで通風上々です。
配線ダクトを利用して、インテリアをさまざまハンギング。
コンセント、スイッチプレートは、グッドデザイン賞もとった神保電気のNKプレートを採用。濃いグレー色です。
決して広くはないはずのキッチンスペースですが、まとまり感がちょうどいい感じ。
カリモク60のモケットグリーンにマリメッコのクッション。しっくりきます。
撮影者も写りこむ、金色のペンダントライト。
ハンギンググリーンの多くは、茨木市のグリーンショップ「ザ・ファーム」にて買われたそうです。
必ず付けると決めていたシーリングファン。照明付、アルミの羽タイプを雑貨屋にて。
向かって左は大容量の収納。入れるモノの奥行によって寸法を変え、斜めになっています。奥行が小さい順に奥さんの服、ご主人の服、その他、布団となっています。
とある写真からインスピレーションを得て、完コピした壁。厚み、幅を変えて4色に塗り分けた荒材を、ランダムに置いていきました。
中央の柱はパイプスペース。トイレの縦配管が隠れています。トイレの手洗いと来客用手洗いを兼ねた洗面ボウル付。
洗面ボウルはサンワカンパニーのバケツタップ。
シナ合板にクリア塗装だけを施した扉の取っ手は、あえての3つ。
玄関扉に背中を向けて立つのはシューズスペース。その奥は外部用品を置く物置場所になっています。
ところどころに吊り下げられたエアプランツ。珪藻土の壁とマッチします。
右手の壁も本物の木の板。Tool BOXで購入した荒板を貼りました。反ります。貼った翌日には反ってました。
キッチンと洋室の間の窓。空気採りであり、明かり採りであり、会話の窓であり、コーヒーの受け渡しの窓です。
左のルーバー建具には洗濯機が入ってます。換気扇は付けられなかったため、せめて通風できるものを。
レバーハンドルはアメリカはエムテック社のシオン、ブロンズ色。固い、重い、高い(ワンセット22000円くらい)<br />しかし、日本製にはない重厚感は秀逸です。
ネイビーのタイルにかかる鏡は和泉市の雑貨屋さん『Antry』で購入。カウンターは木調のメラミン材です。
トイレの照明はペンダントライトにして重心を下げています。天井がかなり低くなってしまったため、意識を下に持っていくための工夫の一つです。
カーペット貼りで、十二分に使いこまれた中古マンションでした。
廊下側に洋室2室、リビング横に和室1室。おそらくは日本で一番多い間取りです。
このマンションを選んだ大きな理由のひとつはコストパフォーマンス。不動産にかけず、内装・リノベにかけるにはベストであると。不動産屋からみれば斬新な発想かもしれません。
写るもので残っているのは玄関扉だけ。
クローズタイプのキッチン。
中央のシルバーの縦の排水管がトイレのもの。これは撤去できません。
OPEN GALLERY NEXT IMAGE
壁、天井はすべて珪藻土仕上げにしています。乾湿の調整機能が高く、オープンキッチンでも、空気をよくしてくれています。 壁、天井はすべて珪藻土仕上げにしています。乾湿の調整機能が高く、オープンキッチンでも、空気をよくしてくれています。
LDK上部には梁を利用した本棚を設置。床材は全室無垢材で幅広タイプを採用しています。 LDK上部には梁を利用した本棚を設置。床材は全室無垢材で幅広タイプを採用しています。
コイズミの手元照明。カバーは京都の雑貨店で施主様がオーダーした特注品です。 コイズミの手元照明。カバーは京都の雑貨店で施主様がオーダーした特注品です。
L45等級の遮音材+3層挽板のナラ材突板のフローリング。突き板でのすので反りにくい商材です。(遮音は管理規約に則っています) L45等級の遮音材+3層挽板のナラ材突板のフローリング。突き板でのすので反りにくい商材です。(遮音は管理規約に則っています)
メインの居住スペース。フィンランドの巨匠、アルヴァ・アアルトの名作artekのテーブル、椅子を中心に。 メインの居住スペース。フィンランドの巨匠、アルヴァ・アアルトの名作artekのテーブル、椅子を中心に。
Fog & Morup社のペンダントライト。 Fog & Morup社のペンダントライト。
「ルプ」社のステンレスキッチン。排水口、ジャバラ管までステンレスです。シンク幅を80センチ確保したく<br />L字タイプを採用しましたが、結果的に作業がし易く、家事動線が向上しました。 「ルプ」社のステンレスキッチン。排水口、ジャバラ管までステンレスです。シンク幅を80センチ確保したく
L字タイプを採用しましたが、結果的に作業がし易く、家事動線が向上しました。
ネイビーの50㎜角タイル。目地は「スーパークリーン目地」。掃除もしやすくなっています。 ネイビーの50㎜角タイル。目地は「スーパークリーン目地」。掃除もしやすくなっています。
風と視界の抜け感を出すために、子供室、UB、洗面、キッチン、洋室の間、すべてに室内窓を付けました。玄関側からバルコニー側まで通風上々です。 風と視界の抜け感を出すために、子供室、UB、洗面、キッチン、洋室の間、すべてに室内窓を付けました。玄関側からバルコニー側まで通風上々です。
配線ダクトを利用して、インテリアをさまざまハンギング。 配線ダクトを利用して、インテリアをさまざまハンギング。
コンセント、スイッチプレートは、グッドデザイン賞もとった神保電気のNKプレートを採用。濃いグレー色です。 コンセント、スイッチプレートは、グッドデザイン賞もとった神保電気のNKプレートを採用。濃いグレー色です。
決して広くはないはずのキッチンスペースですが、まとまり感がちょうどいい感じ。 決して広くはないはずのキッチンスペースですが、まとまり感がちょうどいい感じ。
カリモク60のモケットグリーンにマリメッコのクッション。しっくりきます。 カリモク60のモケットグリーンにマリメッコのクッション。しっくりきます。
撮影者も写りこむ、金色のペンダントライト。 撮影者も写りこむ、金色のペンダントライト。
ハンギンググリーンの多くは、茨木市のグリーンショップ「ザ・ファーム」にて買われたそうです。 ハンギンググリーンの多くは、茨木市のグリーンショップ「ザ・ファーム」にて買われたそうです。
必ず付けると決めていたシーリングファン。照明付、アルミの羽タイプを雑貨屋にて。 必ず付けると決めていたシーリングファン。照明付、アルミの羽タイプを雑貨屋にて。
向かって左は大容量の収納。入れるモノの奥行によって寸法を変え、斜めになっています。奥行が小さい順に奥さんの服、ご主人の服、その他、布団となっています。 向かって左は大容量の収納。入れるモノの奥行によって寸法を変え、斜めになっています。奥行が小さい順に奥さんの服、ご主人の服、その他、布団となっています。
とある写真からインスピレーションを得て、完コピした壁。厚み、幅を変えて4色に塗り分けた荒材を、ランダムに置いていきました。 とある写真からインスピレーションを得て、完コピした壁。厚み、幅を変えて4色に塗り分けた荒材を、ランダムに置いていきました。
中央の柱はパイプスペース。トイレの縦配管が隠れています。トイレの手洗いと来客用手洗いを兼ねた洗面ボウル付。 中央の柱はパイプスペース。トイレの縦配管が隠れています。トイレの手洗いと来客用手洗いを兼ねた洗面ボウル付。
洗面ボウルはサンワカンパニーのバケツタップ。 洗面ボウルはサンワカンパニーのバケツタップ。
シナ合板にクリア塗装だけを施した扉の取っ手は、あえての3つ。 シナ合板にクリア塗装だけを施した扉の取っ手は、あえての3つ。
玄関扉に背中を向けて立つのはシューズスペース。その奥は外部用品を置く物置場所になっています。 玄関扉に背中を向けて立つのはシューズスペース。その奥は外部用品を置く物置場所になっています。
ところどころに吊り下げられたエアプランツ。珪藻土の壁とマッチします。 ところどころに吊り下げられたエアプランツ。珪藻土の壁とマッチします。
右手の壁も本物の木の板。Tool BOXで購入した荒板を貼りました。反ります。貼った翌日には反ってました。 右手の壁も本物の木の板。Tool BOXで購入した荒板を貼りました。反ります。貼った翌日には反ってました。
キッチンと洋室の間の窓。空気採りであり、明かり採りであり、会話の窓であり、コーヒーの受け渡しの窓です。 キッチンと洋室の間の窓。空気採りであり、明かり採りであり、会話の窓であり、コーヒーの受け渡しの窓です。
左のルーバー建具には洗濯機が入ってます。換気扇は付けられなかったため、せめて通風できるものを。 左のルーバー建具には洗濯機が入ってます。換気扇は付けられなかったため、せめて通風できるものを。
レバーハンドルはアメリカはエムテック社のシオン、ブロンズ色。固い、重い、高い(ワンセット22000円くらい)<br />しかし、日本製にはない重厚感は秀逸です。 レバーハンドルはアメリカはエムテック社のシオン、ブロンズ色。固い、重い、高い(ワンセット22000円くらい)
しかし、日本製にはない重厚感は秀逸です。
ネイビーのタイルにかかる鏡は和泉市の雑貨屋さん『Antry』で購入。カウンターは木調のメラミン材です。 ネイビーのタイルにかかる鏡は和泉市の雑貨屋さん『Antry』で購入。カウンターは木調のメラミン材です。
トイレの照明はペンダントライトにして重心を下げています。天井がかなり低くなってしまったため、意識を下に持っていくための工夫の一つです。 トイレの照明はペンダントライトにして重心を下げています。天井がかなり低くなってしまったため、意識を下に持っていくための工夫の一つです。
カーペット貼りで、十二分に使いこまれた中古マンションでした。 カーペット貼りで、十二分に使いこまれた中古マンションでした。
廊下側に洋室2室、リビング横に和室1室。おそらくは日本で一番多い間取りです。 廊下側に洋室2室、リビング横に和室1室。おそらくは日本で一番多い間取りです。
このマンションを選んだ大きな理由のひとつはコストパフォーマンス。不動産にかけず、内装・リノベにかけるにはベストであると。不動産屋からみれば斬新な発想かもしれません。 このマンションを選んだ大きな理由のひとつはコストパフォーマンス。不動産にかけず、内装・リノベにかけるにはベストであると。不動産屋からみれば斬新な発想かもしれません。
写るもので残っているのは玄関扉だけ。 写るもので残っているのは玄関扉だけ。
クローズタイプのキッチン。 クローズタイプのキッチン。
中央のシルバーの縦の排水管がトイレのもの。これは撤去できません。 中央のシルバーの縦の排水管がトイレのもの。これは撤去できません。
図面

<1> 手洗いスペース

手洗いスペース

部屋の真ん中に手洗いを設置。配管用の段差を設けています。段差の仕上げはモルタル。

<2> 手掛かり

手掛かり

LAMP印、家具金物の老舗、スガツネ工業の丸戸引手です。

この事例のお客様は、『イエナカ手帖』に参加されています。


メールでのお問合せ
住まいさがし

ウィルは不動産もプロ。家探しも安心してお任せ下さい。

ウィルは、大手不動産会社が中心に加盟する一般社団法人「不動産流通経営協会(FRK)」の会員です。過去20年間で約7,100件以上の中古住宅の取引を行ってきました。リノベーション、リフォームだけでなく、お住まいさがしも安心してお任せ下さい。

リフォーム向きの中古住宅をさがそう! BUY:SEARCH

「購入:住まいをさがす」ページにジャンプします。

神戸市灘区 神戸市東灘区 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 伊丹市 川西市 猪名川町 豊能町 豊中市 吹田市 箕面市 池田市 摂津市 茨木市 高槻市 MOUSE OVER ACTION 阪神間-北摂の地図

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。