ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
戻る
シンプルでシック。大人のワンルームリノベーションNo.3929
所 在 地 :
兵庫県芦屋市
築  年:
昭和42年築
面  積:
56.26m²


価格 :
物件850万円+リフォーム780万円
部位 :
全面




「自宅を出て、一人暮らしをしようかな」と考えたお施主様。
そこで選択したのは「賃貸住宅」ではなく、「中古物件を買ってリフォームをする」という方法でした。
以前、ご友人が自宅をリフォームしたときに、完成した家を見せてもらったお施主様。
「家の中をここまで作り変えられるなんて!」と、そのときからリフォームに興味が湧き、「自分もいつかやってみたい」という気持ちを持っていたのでした。

好きなお店がたくさんある芦屋市内で、物件価格とリフォーム費用が予算に収まる物件を探しました。
結果、月々のローン支払い額5.4万円で、芦屋市内にマイホームを持てました!!

無駄をそぎ落とし、シンプルで使い勝手のいいワンルームに間取りを変更。
使っている家具や小物は、お施主様が選び抜いたこだわりの商品です。
全体的に色味の落ち着いた、シックで大人な新居が完成しました。

バルコニーから入る陽射しが、部屋の奥まで届きます。この解放感はワンルームならではです。
単調にならないよう、空間の用途別に床材を変えて、高低差を付けました。
天井はマンションの躯体をそのまま現し、白く塗装をしました。武骨な素材感が、空間のいいアクセントに。
キッチン高さに合わせたダイニングカウンターは、材木屋さんで選び抜いた「ケヤキ」の一枚板で作製しました。色味に一目ぼれして購入したこの板に合うよう、吟味した結果、キッチンの色は「黒」に決まりました。天板も黒です。
ガスコンロはリンナイのドロップインシリーズ。スタイリッシュなデザインに、ホーローのケトルが良く似合います。
角に見切り材を使用せず、一続きのカーペットでベッドスペースを包みました。角が丸く、優しい雰囲気に仕上がりました。
キッチンの正面には造り付けのデスクがあります。これも同じく、ケヤキの一枚板です。
壁にはアイアンのフックとハンガー掛けを取り付けました。お施主様がお店で探し出した逸品です。ウォークインクローゼットも作りましたが、アウターや普段使いの服はここに掛けます。
玄関にはオープンのシューズラックをつくりました。靴もインテリアとして「見せる」収納です。
洗面室の壁は、リリカラ MORRIS&Co.のヘリテージカラーシリーズ「Forest」。マットな深いグリーンに、白い洗面ボールが映えます。ホテルの洗面室にあるような、拡大鏡を取り付けました。
使用したアルミ巾木は、高さが1.2cmしかありません。(一般的な木製の巾木は、高さが5~6cmほどあります。)存在を主張せず、シャープで無機質な質感です。
お施主様が好きなお店の一つ、芦屋市にある「flame」さんのペンダント照明。ランプが吊るされたバーの部分は、無垢のオーク材を使用。年月とともに、深みを帯びた色味に変化していく様が楽しめます。
もともとは壁付けのキッチンでした。
昔ながらの襖で仕切る田の字型の間取り。この洋室2部屋が、LDKに生まれ変わりました。
リフォームされて大きな収納になっていました。しかし、窓が半分隠れてもったいないことに。今は浴室の窓として使っています。
OPEN GALLERY NEXT IMAGE
バルコニーから入る陽射しが、部屋の奥まで届きます。この解放感はワンルームならではです。 バルコニーから入る陽射しが、部屋の奥まで届きます。この解放感はワンルームならではです。
単調にならないよう、空間の用途別に床材を変えて、高低差を付けました。 単調にならないよう、空間の用途別に床材を変えて、高低差を付けました。
天井はマンションの躯体をそのまま現し、白く塗装をしました。武骨な素材感が、空間のいいアクセントに。 天井はマンションの躯体をそのまま現し、白く塗装をしました。武骨な素材感が、空間のいいアクセントに。
キッチン高さに合わせたダイニングカウンターは、材木屋さんで選び抜いた「ケヤキ」の一枚板で作製しました。色味に一目ぼれして購入したこの板に合うよう、吟味した結果、キッチンの色は「黒」に決まりました。天板も黒です。 キッチン高さに合わせたダイニングカウンターは、材木屋さんで選び抜いた「ケヤキ」の一枚板で作製しました。色味に一目ぼれして購入したこの板に合うよう、吟味した結果、キッチンの色は「黒」に決まりました。天板も黒です。
ガスコンロはリンナイのドロップインシリーズ。スタイリッシュなデザインに、ホーローのケトルが良く似合います。 ガスコンロはリンナイのドロップインシリーズ。スタイリッシュなデザインに、ホーローのケトルが良く似合います。
角に見切り材を使用せず、一続きのカーペットでベッドスペースを包みました。角が丸く、優しい雰囲気に仕上がりました。 角に見切り材を使用せず、一続きのカーペットでベッドスペースを包みました。角が丸く、優しい雰囲気に仕上がりました。
キッチンの正面には造り付けのデスクがあります。これも同じく、ケヤキの一枚板です。 キッチンの正面には造り付けのデスクがあります。これも同じく、ケヤキの一枚板です。
壁にはアイアンのフックとハンガー掛けを取り付けました。お施主様がお店で探し出した逸品です。ウォークインクローゼットも作りましたが、アウターや普段使いの服はここに掛けます。 壁にはアイアンのフックとハンガー掛けを取り付けました。お施主様がお店で探し出した逸品です。ウォークインクローゼットも作りましたが、アウターや普段使いの服はここに掛けます。
玄関にはオープンのシューズラックをつくりました。靴もインテリアとして「見せる」収納です。 玄関にはオープンのシューズラックをつくりました。靴もインテリアとして「見せる」収納です。
洗面室の壁は、リリカラ MORRIS&Co.のヘリテージカラーシリーズ「Forest」。マットな深いグリーンに、白い洗面ボールが映えます。ホテルの洗面室にあるような、拡大鏡を取り付けました。 洗面室の壁は、リリカラ MORRIS&Co.のヘリテージカラーシリーズ「Forest」。マットな深いグリーンに、白い洗面ボールが映えます。ホテルの洗面室にあるような、拡大鏡を取り付けました。
使用したアルミ巾木は、高さが1.2cmしかありません。(一般的な木製の巾木は、高さが5~6cmほどあります。)存在を主張せず、シャープで無機質な質感です。 使用したアルミ巾木は、高さが1.2cmしかありません。(一般的な木製の巾木は、高さが5~6cmほどあります。)存在を主張せず、シャープで無機質な質感です。
お施主様が好きなお店の一つ、芦屋市にある「flame」さんのペンダント照明。ランプが吊るされたバーの部分は、無垢のオーク材を使用。年月とともに、深みを帯びた色味に変化していく様が楽しめます。 お施主様が好きなお店の一つ、芦屋市にある「flame」さんのペンダント照明。ランプが吊るされたバーの部分は、無垢のオーク材を使用。年月とともに、深みを帯びた色味に変化していく様が楽しめます。
もともとは壁付けのキッチンでした。 もともとは壁付けのキッチンでした。
昔ながらの襖で仕切る田の字型の間取り。この洋室2部屋が、LDKに生まれ変わりました。 昔ながらの襖で仕切る田の字型の間取り。この洋室2部屋が、LDKに生まれ変わりました。
リフォームされて大きな収納になっていました。しかし、窓が半分隠れてもったいないことに。今は浴室の窓として使っています。 リフォームされて大きな収納になっていました。しかし、窓が半分隠れてもったいないことに。今は浴室の窓として使っています。

この事例のお客様は、『イエナカ手帖』に参加されています。


メールでのお問合せ
住まいさがし

ウィルは不動産もプロ。家探しも安心してお任せ下さい。

ウィルは、大手不動産会社が中心に加盟する一般社団法人「不動産流通経営協会(FRK)」の会員です。過去20年間で約7,100件以上の中古住宅の取引を行ってきました。リノベーション、リフォームだけでなく、お住まいさがしも安心してお任せ下さい。

リフォーム向きの中古住宅をさがそう! BUY:SEARCH

「購入:住まいをさがす」ページにジャンプします。

神戸市灘区 神戸市東灘区 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 伊丹市 川西市 猪名川町 豊能町 豊中市 吹田市 箕面市 池田市 摂津市 茨木市 高槻市 MOUSE OVER ACTION 阪神間-北摂の地図

ウィルは、神戸・大阪(阪神間-北摂)エリアの不動産のエキスパート。この地域の売買、リフォーム、住宅ローン・保険は、ウィルにお任せ下さい。

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2018 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。