宝塚ホテル

兵庫県宝塚市梅野町にある注目のスポット「宝塚ホテル」についてご紹介しています。

宝塚ホテル
  • 宝塚ホテル
  • 4.0

    6件の口コミ
宝塚市梅野町1-46
大正15年に創業した伝統のある、欧風のホテルです。阪急「宝塚南口」駅の駅前にあります。まさに『クラシック・ホテル』の味わいがあり、外観、内装、中庭など、各所のディテールなどから往年のモダニズムを感じることが出来ます。宝塚歌劇とのつながりも深く、宝塚歌劇の衣装や舞台写真のパネルが飾られていたり、元歌劇団の方のイベントやディナーショーもよく行われています。夏には恒例のビアガーデンが屋上にOPEN!その他にもアンティークフェアやダンスパーティなどのイベントも開催されており、気軽に宝塚を楽しむことができるスポットです。 老朽化にともない、移築予定。新ホテルは大劇場に隣接する西駐車場に建築されます。(2018.06.16時点)

宝塚ホテルのレポート

START

宝塚ホテルの写真

白いタイル張りの外観に、緑が映えます。旧館は、阪神間モダニズムを代表する建築家の一人、古塚正治氏による設計。県の「景観形成重要建造物」に指定されています。

宝塚ホテルの写真

こちらは東館。客室・レストランなどの他に、ブライダルサロンやチャペルなどもあります。 レストランはフレンチ、日本料理、鉄板焼きなど。バイキングレストランやバーもあり、朝から夜まで楽しむことができます。

宝塚ホテルの写真

正面玄関には車寄せがあります。

宝塚ホテルの写真

ロビーに入ると、白い大理石の床に赤絨毯が敷かれ、「クラシック・ホテル」の味わいがあります。

宝塚ホテルの写真

ホテルの中には、『宝塚歌劇団』の公演で使用された衣装が飾られています。ファンならずともチェックしたいところですね!

宝塚ホテルの写真

本館ロビー階にある、ティーラウンジ「ルネサンス」。中庭を眺めながらゆったりとしたひとときを。

宝塚ホテルの写真

東館ロビー階にある、日本料理「曙」。

宝塚ホテルの写真

東館1階のバイキングレストラン「ザ・ガーデン」

宝塚ホテルの写真

ロビーショップには、宝塚関連の商品もたくさん揃っています。

宝塚ホテルの写真

夏には屋上でビアガーデンが開催されます。

GOAL

宝塚市「宝塚ホテル」の口コミ

この街ボイス:40代女性

dolphin さん(当社のご契約者様)


宝塚市小林4丁目在住
女性/42歳/3人家族(うち子供1人)

特にありません。

この街ボイス:40代男性

シン さん(当社のご契約者様)


宝塚市雲雀丘1丁目在住
男性/40歳/3人家族(うち子供1人)

頻度こそ高くはないですが、時々休暇にランチやディナー、その他家族を招いて食事会などをしています。楽しく過ごしてます。

この街ボイス:50代男性

タイガー さん(当社のご契約者様)


西宮市宝生ケ丘1丁目在住
男性/57歳/6人家族(うち子供4人)

この街ボイス:80代男性

ヨシピー さん(当社のご契約者様)

(当社のご契約者様)

宝塚市野上5丁目在住
男性/83歳/2人家族

著名なホテルが身近な場所にありますので、ちょっと気合いを入れた食事やアフターヌーンティーなど楽しむことができて重宝しています。

この街ボイス:50代女性

ふみちゃん さん(当社のご契約者様)


宝塚市売布4丁目在住
女性/58歳/4人家族(うち子供1人)

宝塚花火が開催されていたときに、レストランのバルコニーから食事しながら花火を鑑賞したことがありました。

この街ボイス:30代女性

y さん(当社のご契約者様)


宝塚市月見山1丁目在住
女性/35歳/4人家族(うち子供2人)

フレンチや鉄板焼き、バイキングなど、ちょっと贅沢したいときに行きます。お酒を飲んでも、家まで歩いて帰れるのがよいです。

「宝塚ホテル」周辺にある注目スポット

アモーレアベーラの写真
アモーレアベーラ詳細

所在:宝塚市南口1-9-31

(2件の口コミ)

『アモーレアベーラ』は阪急「宝塚南口」駅から徒歩5分、閑静な住宅街の中にある老舗のイタリア料理店です。イタリア、シシリー島出身の初代オーナー、アベーラ・オラツィオさんが、終戦直後の1946年にお店をオープンして以来、幅広い年代の方から愛されており、この辺りでお店の名を知らない人はいないほど。伝統ある南イタリア料理をベースに、日本人の味覚にも合うようにアレンジしていて、定番のミートソースはもちろん、最近はカルボナーラなどのクリーム系パスタの人気も高いとか。非常に塩味の効いた、コクのある風味が特長のゴーダチーズをたっぷり使ったピザはお持ち帰りも可能です。 所在地:宝塚市南口1-9-31  駐車場:有 営業時間:11:30~22:00(オーダーストップは21:00) 定休日:火曜日 TEL:0797-71-3330 (2018.06.16時点)

六甲山全山縦走路の写真
六甲山全山縦走路詳細

所在:宝塚市湯本町14-1

(0件の口コミ)

六甲山全山縦走路は、神戸の須磨から宝塚まで続く、山道です。湯本町にある湯本台広場がその東端になります。新田次郎の小説『孤高の人』で、主人公が、一日で全行程約56キロを歩き、さらに和田岬まで歩いて帰るというエピソードで有名。毎年11月には「KOBE六甲全山縦走大会」が行なわれ、たくさんの人が参加しています。地元の人にとっては、塩尾寺や阪急電鉄のマイクロウェーブ反射板、塩尾寺上社の「砂山権現」までが、毎日登山のルートとして、活用されています。なお塩尾寺までのルート(約2.2km)は舗装路です。(2018.06.16時点)

「宝塚ホテル」の周辺で暮らす人 更新日: 2020.06.27

Loading...

「宝塚ホテル」周辺の売出し物件

Loading...

関連リンク

町を知る

『検索条件の保存』にはログイン、またはウィルWEB会員の登録が必要です。

ウィルWEB会員の登録

お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
パスワードは8〜20文字で、また半角英字、数字を最低1文字以上使用してください

※パスワードは半角英数字で8〜20文字。また英字、数字それぞれ1文字以上使用してください。

株式会社ウィルはプライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。ご入力いただいた個人情報は、このサービスを提供する株式会社ウィルの個人情報保護方針に則って厳重に管理します。お問合せ内容を、個人情報の取り扱いに関する基本姿勢に同意の上、送信してください。