橋本 亮

橋本 亮(はしもと りょう
流通営業関西グループ伊丹営業所




お客さまへのメッセージ
昔から「衣食住」とよく言われますが、人の生活に対する住まいの影響力は計り知れません。私もウィルに入社してまだ日も浅いですが、お客様宅にお邪魔させていただいた際にそれを強く感じました。

お客様に豊かな人生を送っていただくサポートができるよう、日々精進いたします。

■出身地/神戸市北区
■出身校/京都大学経済学部
■資格/宅地建物取引士
■趣味/能楽、ウルトラマン、特撮観賞
■特技/能(お能って、案外面白いですよ!)、太鼓



思い出のお客さま



私の宝物



好きな言葉
稽古は強かれ 情識はなかれ(「風姿花伝」より)

おごりや慢心に溺れることなく、しっかりと稽古を行うことこそが最も強い力となる。
お能の奥義を記した書物からの引用です。基礎をしっかりと積み上げ続けるよう自分への戒めとして選びました。



現在の仕事内容
仲介営業を担当しております。お客様のご希望やお考えなどをしっかりとお伺いし、理解したうえでぴったりの物件をご紹介させていただきます。
お客様が新しい生活を気持ちよくお迎えできるよう、全力でサポート致します。


学生時代
お能漬けの大学生活でした。
能楽サークルに所属し、週3回のサークルでの稽古に加えて自主稽古、お囃子(おはやし)のお稽古に明け暮れ、週末はいつもプロの公演を観に能楽堂へ足を運ぶ日々。ひょんなことから飛び込むこととなったお能の世界ですが、尽き果てることのない魅力にすっかり憑りつかれてしまいました。

4回生の時に大入りの能楽堂で能のシテ(主役)を務めさせていただいたのは私にとって忘れられない思い出です。

※写真は4回生で能《小鍛冶》を務めた、第21回京都大学観世能にて



入社動機
会社に生かしてもらうのではなく、会社を生かし廻していくような働き方がしたいと考え、ベンチャー企業中心の就職活動を行っておりました。そんな中偶然出会ったのがウィルでした。
別の会社の人事の方から紹介されたイベントが縁だったのですが、その後も何度か社員と話をする中でウィルという会社そのものに惹かれていきました。
「仕事で自分を磨きたい、でも社会人になっても能を続けたい」と言った私に対し、「仕事も趣味も全力でやればいい」と言ってもらえたことに加え、実際に仕事もプライベートも全力な社員の姿を目にして、「ここで世話になろう」と決意しました。

※写真は内定者として参加した運動会にて



最も嬉しかったこと



最も辛かったこと



仕事における現在の目標
一つ一つの仕事を丁寧かつ迅速に行い、実力をつけたいと思っております。仕事で自分を磨き、その磨いた自分を再び仕事に生かす。
そして、自分が担当したお客様に「住まいによって人生がより豊かになった」と言っていただけるような仕事がしたいです。



就職活動へのアドバイス
思考停止して流れに乗るのではなく、なぜ自分がそうするのかよく考えてください。あまりたくさん受けすぎても疲れるだけですし、無計画に多くの会社を受けることはせず、しっかり選ぶことも大切です。

「この会社に入ってよかった」と将来思えるような会社に出会えることを願っています。



学生さんへのメッセージ
学生生活は時間と体力だけは豊富にあります。学問やサークル活動、バイトなど人によって大事なものは異なるとは思いますが、これだけは誰にも負けないという経験をひとつしてください。今後の人生の中で、それが自信と誇りになります。

また、ぜひ古典や美術を体感してみてください。きっと思いもよらない世界が開けると思います。
(個人的にはお能をお勧めします。プロの舞台を生で見て、お能を全身で感じてみてください!)