久保 瞳

久保 瞳(くぼ ひとみ
流通営業関西グループ川西営業所




お客さまへのメッセージ
「家」はすべての方にとってかけがえのない大切なもの。売主様には売渡物件に対する愛着が、買主様にはその後の人生における夢がおありのことと存じます。その想いひとつひとつを大切に、皆様にご満足いただけるお住まい探しをお手伝いさせていただきます。
大きな買い物だからこそ、ご不安なことやご要望など、たくさん生まれてくると思います。そんなときは、どうかご遠慮なさることなく、お気軽にご相談ください。お客様に笑顔になっていただけるよう、誠心誠意対応させていただきます。
お住まい探しの良きパートナーになれるよう精一杯努力いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします!

■出身地/岡山県岡山市
■出身校/京都大学法学部
■趣味/読書、飲み屋めぐり、食べ歩き
■特技/早口言葉


思い出のお客さま



私の宝物



好きな言葉
「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も」
この言葉における『為す』の意味を、私は「全力を尽くす」ということだと解釈しています。何か目標があったとしても、行動を起こさなかったり、全力を尽くさなかったりすればその目標は達成できない。けれど、その目標に向けて自分の全力を尽くせば、きっと達成することができる。迷ったときに思い出したら元気と勇気が湧いてくる言葉です。


現在の仕事内容
不動産を売りたいお客様と、不動産を買いたいお客様のご縁をつなぐ、不動産仲介業に携わっています。お客様と真正面から向き合い、お客様ひとりひとりに寄り添ったご提案をいたします。ひとりでも多くのお客様に笑顔になっていただけるよう、日々精進を重ね、知識や経験を養っていきます。


学生時代
体育会弓道部に所属し、部活に明け暮れた学生時代でした。高校時代から足掛け7年弓道を続け、私は2つのことを学びました。
1つ目は、「チームで力を合わせることの大切さ」です。弓道は個人競技のように思えますが、学生弓道に関していえば、チーム力が物を言う場面が多々あります。私は弓道部を通して、「自分一人ではできないことでも、皆で力を合わせ取り組めば出来る」ということを何度も実感しました。
2つ目は、「粘り強く取り組むことの大切さ」です。苦しい時期もありましたが、粘り強く練習に取り組むことによって、自分の癖を克服することが出来ました。試合などで満足いく結果は得られませんでしたが、克服すると決めたことを実際に克服できたのは、私の自信のひとつになっています。
この気づきや経験を、仕事でも活かしていきたいと思っております。

※写真は、大学の弓道部の練習にて。


入社動機
美点も欠点もひっくるめて、「自分自身」を愛してくれる会社だからこそ、自分を大きく成長させることができると思ったからです。最初の印象は、「人」を大切にしてくれる会社でした。面談をしながら、「ひとりひとりのことをよく見てくれてるなあ」と思ったのを覚えています。面談回数を重ねるにつれ、社員全員がのびのびと働いているウィルに惹かれるようになっていきました。下手に自分を飾るのではなく、ありのままの自分でいいのだと気づかせてくれたウィルで、「魅力的な人」になるべく精進を続けていきたいと思います。


最も嬉しかったこと



最も辛かったこと



仕事における現在の目標
「久保さんになら何でも相談できる」と言っていただける営業マンになることです。不動産売買は人生の中でとても大きなイベントであり、だからこそ夢や不安もたくさんおありなのではないかと思います。そのひとつひとつの想いをお伝えいただけるような、頼りがいのある営業マンになりたいです。


就職活動へのアドバイス
自分のペースというものを大切にしてください。就職活動をしていると、どうしても周りのことが気になってくると思います。早く内定が出ている人がいたり、自分の就職活動がうまくいかなかったりすると、焦ることもあるかもしれません。けれど、下手に焦ってもいいことはありません。一生の半分以上を過ごすことになるかもしれないと考えると、会社選びは自分の人生を左右するとても大きな選択です。より濃くて面白い人生を送るためにも、じっくり腰を据えて自分に合った会社を見極めてほしいです。


学生さんへのメッセージ
学生時代の経験は、人生においてかけがえのない財産となります。遊びや勉強、サークル活動など、種類は問いません。ただ、今しかできないことを精一杯楽しんでください。そして、何かを全力で楽しむ癖をつけてください。「物事を楽しむことができる」という能力は、社会に出た時にきっと役に立ちます。けれどこの能力は、学生時代を楽しんだ人しか身に着けられないものだと思います。だからこそ、「楽しかった!」と胸を張って言える学生生活を送ってほしいです。