伊藤 良悟

伊藤 良悟(いとう りょうご
流通営業中部グループ藤が丘営業所




お客さまへのメッセージ
一生で最も大きな買い物と言われるお住まいを購入するのは、非常に勇気のいることです。
その選択が、間違っていなかった、これ以上はないとお客様に思っていただけるよう、
私たちはお客様以上に、お客様の理想を追求していきたいと思っています。

出身地:岡山県新見市
特技:遠泳
出身校:神戸大学法学部
長所:粘り強さ
趣味:バレーボール・野球観戦


思い出のお客さま



私の宝物



好きな言葉



現在の仕事内容
名古屋市名東区・守山区、そして長久手市・尾張旭市等を中心に、不動産仲介をしています。
お客様の理想のお住まいを提案するため、日々知識と経験を蓄えることで、
お客様に安心をお届けし、そして信頼をしていただくべく、仕事に取り組んでいます。



学生時代
4年間、バレーボールサークルでの活動に力を入れました。サークルといえ練習は厳しく、早朝から朝練をしたり、徹夜でミーティングをすることもあります。そこまでして何を目指していたのか。初心者から10年選手まで幅広いメンバーが心を通わせ、試合において1点を、全員で全力で喜ぶ。その瞬間のために日々を過ごしていました。

1年間キャプテンを務めた際には、モチベーションの異なるメンバーをいかに一つにするか悩んだり、自分のなるべきリーダー像を模索しましたが、振り返ると毎日が刺激的で、貴重な経験になりました。

※写真は、サークル内の大会で優勝を果たした瞬間の写真です。



入社動機
ウィルに決めた理由の一つは、人との関わりが非常に深いこと。営業方法、採用方法、社員同士の交流など、ウィルは人に対しての労力を惜しむことがありません。だからこそ、お客様と、あるいは社員同士で、固い信頼関係を築くことができます。私自身、自分が信頼され託された仕事には何よりもやる気が出るため、この環境に魅力を感じました。

もう一つは、何事にも全力である点です。お客様と接する仕事はもちろん、社内でのイベント等でも妥協なくやりきります。この環境ならば、私が仕事をする上で譲れない、全力でやった末の大きな達成感や感動をさまざまな場面で感じられると思いました。



最も嬉しかったこと



最も辛かったこと
自分の力不足が原因で、お客様に多大なるご迷惑をおかけしてしまったことです。
上司が担当だったら、先輩が担当だったら、お客様にこんな思いをさせていなかっただろうと考えると、
自分の力の無さへの憤りと、お客様への申し訳なさで、しばらくは接客をすることが怖くなってしまいました。
ただ、それがきっかけで、もうこんな思いを自分もしたくないし、お客様にもさせたくないと考えるようになり、
苦手としていて避けがちだった、接客前の準備の徹底と上司への報告を強く意識するようになりました。


仕事における現在の目標
お客様にとって最も信頼できる存在になることです。

家を買うというのは非常に大きな選択です。だからこそ、私になら任せられる、そう言ってもらえるよう、日々、新しいことを吸収し、少しでも早くお客様の期待に応える、さらには期待を超える営業マンを目指していきたいと思います。



就職活動へのアドバイス
自分の目で見て、実際に話を聞いて、自分の頭で判断することが重要だと思います。
就職活動では、情報の波にのまれそうになることがあると思います。

しかし、企業がどう映るかは、それぞれの価値観などで異なります。
自分で実際に触れてみて、どう感じるかが大切だと思います。

それと同時に、仕事において最重要視するものは人によって異なります。
周りに流された選択をするのではなく、自分の最も大切にするものを実現できる企業を探すために、自己分析をしていってください。



学生さんへのメッセージ
大学生ほど、自分で自由に時間を使える時期はないと思います。
だからこそ、自分次第でいかようにも日々の濃さを変えられます。

私は学生時代にもっと勉強すれば良かったとか、もっと社会経験をするべきだったとか、
様々な後悔があります。

日々、なんとなく過ごすのではなく、自分がなりたい姿を見つめ、
それに向けて自分がやるべきことを模索するだけでも、きっと将来の糧になると思うので、
全力で日々を楽しみつつ、自分の将来についても少し目を向けてみてください。