林 礼佳

林 礼佳(はやし あやか
流通営業関西グループ豊中営業所




お客さまへのメッセージ
「どんな明日を生きていきましょうか?」
家を売るとき、家を買うとき。
ご相談をいただくたびに、こっそりと心の中で問いかけています。
たくさんのお話をお伺いします。過去のこと、未来のこと、現在お考えのこと。
わたしがお気持ちを代弁できるくらいになれば、きっと目の前の方は最良の選択をしていただけると思っています。
ひとりひとり、家族や友人や大切な方のように、一生懸命考えます。
毎日膨大な情報を目にするプロとして。何百回も多くのお客様と一緒に悩んだプロとして。
わたしと明日を探しに行きませんか?

■出身地/大阪府
■出身校/四天王寺高等学校
        鳥取大学大学院
■趣味/宝塚歌劇、演劇、落語、おいしいもの探し
■好きなスポーツ/硬式テニス、スキー




思い出のお客さま



私の宝物
私の宝物は「ひととのつながり」です。
家族、学生時代に関わった先生、友達。塾の先生。部活の仲間。アルバイト先の方々。
会社の同期、社員の方々。社会人からの友人たち。
そして、目の前のお客様。

一年目、上司よりこんな言葉をいただきました。
「"成長"とは価値観を"広げる"ことだ」
これから出会うみなさま、どうぞ宜しくお願いいたします。
様々な方の価値観を知ることで、もっともっとわたしの価値観を広げて更なる成長へと繋げていきます。

※画像は大好きな同期たちと。


好きな言葉
「迷ったらわくわくする方へ進め!」
大学時代、教授からいただいた言葉です。
その後の人生で事あるごとに思い出す、大切な言葉です。
毎日を過ごしていると沢山の分岐があります。
「間違ったらどうしよう」「失敗したらもう戻れないかもしれない」
大きな決断になればなるほど、考えすぎて辛くなることもあるかと思います。
間違っていてもいい。人生に100点なんてありません。
最善を尽くしたのでしたら最後はえいやっと、
「わくわくする方へ進む!」

※画像は研究室旅行で行った島根県隠岐の島行のフェリー上で。



現在の仕事内容
「売りたい方」「買いたい方」
大きな額が動く不動産のお取引。
当事者の方同士が直接お話をされても、こじれてしまったり、なんだかきまずくなったりしてしまいます。

私のお仕事は、「仲人」です。
買主様にはたくさんの"素敵な方"とお見合いをしていただきます。
売主様からは大切な"お子さま"をお預かりいたします。

どんな方とのご縁があれば、目の前の方の未来があたたかく、幸せなものになるのか。
そして私たちのお仕事にご満足をいただけるのか。
そんなことを考えながら、日々奮闘しております。

■経験エリア/川西市、猪名川町、豊能郡、
          宝塚市、豊中市、吹田市など

※画像は川西営業所にて。




学生時代
大学から故郷・大阪を離れ、鳥取で一人暮らしを始めました。
大自然に囲まれながら学生生活を満喫しました。
砂丘で砂にまみれながら満天の星空を見上げたり、
授業の空きコマに仲間と海水浴にでかけたり、
猛吹雪の中、温泉で荒れ狂う日本海を眺めたり。
なんせ人工的な娯楽が少ないものですから、フットワーク軽く自ら探しに行く毎日でした。

もう何年も行っていませんが、大切な第二の故郷です。

※画像は鳥取砂丘にて。



入社動機
「興味のあることだけをしていたい。」
正に"ハマる"と寝食を忘れて一つの物事に没頭するタイプの私は、"ほどほど"がとても苦手です。
要所を抑えることができず、優先順位がどうしても自分ありきになってしまい、いつもなんとなく偏ってしまう。
大学院時代、研究では成果が出ていたものの、うまく自分を扱ってあげられない時期が続きました。
3月、予定していた博士進学を取りやめ、地元に帰りなんとなく始めた就職活動。
やりたいことも特にないし、どこでもいいやととりあえず経験値を稼ぐために面接を受けた会社がウィルでした。

第一印象は、"人事の人と話していて楽しい"。
好きなことを話しても、"わたし自身"に興味をもって話を聞いてくれる。形式なんてどこへやら。
2回目にはスーツを脱ぎ、私服で個人的に私の相談になってもらうような形で面談が行われました。
「"人を大事にする" "人を大切に育てる"会社です。」
変な会社だな、けれども、その言葉に偽りはないんだろうなぁ。
偏った私でも成長できるのかな、大切にしてくれるのかな。
そんな期待を持ち、入社を決めました。

入社後は、当時の言葉通り、とても大切にしていただいています。
ウィルには、掲げる理想とそれに妥協なく向き合う姿勢と実行力がありました。
そして、わたしもその力を学びつつあります。
理想通りのキラキラした自分へ。ひとつずつ着実に向かっていきます。

※画像は取締役とチームメンバーにサプライズで祝っていただいた2年目の誕生日。


最も嬉しかったこと



最も辛かったこと



仕事における現在の目標
目の前の方と信頼関係を築くことです。
お客様でも同僚でも家族でも。
なんとなく仲のよいもので集まっていた学生時代とは違い、
信頼は"自ら築くもの"となりました。

特に不動産のお取引では、人生に数度とない大きな決断が短期間で必要となります。
そんな折に、心から信頼していただき、あらゆることを相談できるような存在でありたいです。




就職活動へのアドバイス
入社動機にもあるように、私はほとんど就職活動を経験していません。
自己分析も業界分析もSPIすら受けずに就職活動を終えました。
妙な話ですが、経験値を積みにふらりと訪れた1社目で、強くご縁を感じたのです。

今、社会に出てみてたくさんの方とお会いし、
「会社」って結局は"人"でできているのだなとつくづく思います。
自分がなりたい姿をしている人が集まるところへ飛び込むことがまず第一歩でしょうか。
気を付けたいのがその先の、会社に入ってうまくいかない場合の話です。
私の周囲にも沢山の転職した友人がいます。
ポジティブな理由の転職なのであれば勿論問題ありません。
そうでない場合、理想と現実に差はあって元々、そのときにそんな自分をちゃんと受け入れ、
導いてくれる会社なのかも、もし余裕があればあわせて吟味してみても良いのかも知れません。


学生さんへのメッセージ
学生時代の時間の使い方は人それぞれです。
勉強を楽しむ。
部活を楽しむ。
旅行を楽しむ。
どれも魅力的な選択です。

自分は何が楽しいのか、そして何が苦しいのか、どんなときに悲しいのか。

是非、"自分"に興味をもってみてください。
そして、"他者"にも興味をもってみてください。
「価値観」はどんどんどんどん、際限なく広がります。
それはきっと、社会にでたときに役に立つはずです。