ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
Case06 C様(30代 ご夫婦+お子様2人)
自分たちの本当のこだわりを中古×リフォームでつくる。

title top
自分たちのこだわりって何だろう?
ご主人様
家探しをし始めた頃は、住宅展示場を回ったりしていましたね。漠然と「新築の一戸建がいいかなぁ」と思っていて、「とりあえず箱だけつくってもらって、後は自分で手を加えよう」なんて軽く考えていたところもありました。でも、そこで妻が「なんか違う!」ってなったのです。
奥 様
私の頭の中では、「家は坂の途中にあって、そこに続く道が少しうねっていて、キッチンから眺められる広い庭は花でいっぱいのイングリッシュガーデン・・・」みたいな感じだったのです。
01
ご主人様
通常のハウスメーカーさんが勧めてくるのは区画整理された造成地です。そこに新築すると。でも、現地に行っても更地があるだけで、どんな街になるのか想像もつかないのですよね。 で、もう一つ気づいたことがあって、いろんなハウスメーカーのカタログを入手して検討していたとき、「あ、僕ら、あんまり新しい家が好きじゃないんだ」と。「古くても、丁寧に、大切に使われてきたモノには、どれだけ技術が進歩した現代においても表現できない美しさがある」と思ったのです。「手入れの行き届いた古さの魅力」というか。
奥 様
家のイメージとしては、私たちが結婚式を挙げた神戸・異人館のグラシアニ邸 。全体の雰囲気はもちろん、観音開きの扉とか、格子窓とかが好みでした。そんな自分たちのこだわりがちょっとずつ見えてきて、「新築よりも、モノのいい中古をリフォームするのがいいかな」と思い始めたわけです。
02
03 グラシアニ邸は、神戸市にある異人館。 明治41年にフランス人貿易商グラシアニの自邸として建設されたコロニアルスタイルの西洋館。重要伝統的建造物群保存地区「北野町山本通」を構成する洋館の一つ。現在はフレンチレストラン、喫茶店として、一般に公開している。



C様邸のリフォーム写真は、「リフォーム事例集」へ→
メールでのお問合せ

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。