東山公園

愛知県名古屋市千種区東山元町3丁目にある注目のスポット「東山公園」についてご紹介しています。

  • 東山公園
  • 0.0

    0件の口コミ
名古屋市千種区
千種区の南東端に広がる総面積が約80万6,850㎡(東京ドーム17個分)の都市公園で、日本の都市公園100選に指定されています。地元の土地所有者が名古屋市に寄贈した広大な土地を利用して1935年(昭和10年)に開園。園内には『東山動植物園』や『東山スカイタワー』、『千種図書館』など様々な施設がありますが、現在でも広大な緑地が多く残されています。 (2020.08.18 時点)

東山公園のレポート

START

GOAL

「東山公園」周辺にある注目スポット

東山スカイタワーの写真
東山スカイタワー詳細

所在:名古屋市千種区田代町字瓶杁1-8

(0件の口コミ)

『東山公園』の中にある展望タワーです。1989年に名古屋市制100周年を記念して建設され、観光施設としての展望台だけではなく、防災行政無線塔の役割も果たしています。鉛筆の形をしたタワーの高さは134m。展望室は地上から100mのところにありますが、タワーが標高80mの丘の上にあるため、実際の標高は180mになります。展望室からは都心部の高層ビルや『テレビ塔』、『名古屋城』、『名古屋ドーム』など名古屋市内を一望でき、天気が良い日には御嶽山や鈴鹿山脈、三河湾、志摩半島なども眺望可能。21時30分まで開館しているため、夜景も楽しめます。 (2020.08.18 時点)

名古屋大学博物館の写真
名古屋大学博物館詳細

所在:名古屋市千種区

(0件の口コミ)

地下鉄「名古屋大学」駅の2番出口から南東へ徒歩2分(約150m)、『名古屋大学』の東山キャンパス内にある博物館です。2000年(平成12年)に国内で5番目の総合大学博物館として開館。常設展示物としてノーベル賞を受賞した大学関係者の研究に関するコーナーや樹齢950年の木曽の大ヒノキの輪切り標本などがあり、期間限定の展示も行われています。開館時間は10時から16時までで、日曜日と月曜日は休館。入場料は無料です。 (2020.08.18 時点)

東山動植物園の写真
東山動植物園詳細

所在:名古屋市千種区

(2件の口コミ)

地下鉄「東山公園」駅の3番出口から南東へ徒歩3分(約200m)のところに正門がある、名古屋市が運営する動植物園です。1937年(昭和12年)に植物園が開園し、同時に手狭になった『鶴舞公園』の動物園を現在の場所に移転。2016年度の入場者数は約240万人で、国内の動物園では東京の上野動物園に次いで多いです。動物園には約500種類の動物、植物園には約7000種類の植物が展示。動物園と植物園の展示を融合させる「東山動植物園再生プラン」が行われています。入園料(動物園と植物園で共通)は大人が500円で、中学生以下は無料。園内にはモノレール「スカイビュートレイン」が運行されています。 (2020.08.18 時点)

「東山公園」の周辺で暮らす人 更新日: 2020.11.16

Loading...

「東山公園」周辺の売出し物件

Loading...

関連リンク

町を知る

『検索条件の保存』にはログイン、またはウィルWEB会員の登録が必要です。

ウィルWEB会員の登録

お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
パスワードは8〜20文字で、また半角英字、数字を最低1文字以上使用してください

※パスワードは半角英数字で8〜20文字。また英字、数字それぞれ1文字以上使用してください。

株式会社ウィルはプライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。ご入力いただいた個人情報は、このサービスを提供する株式会社ウィルの個人情報保護方針に則って厳重に管理します。お問合せ内容を、個人情報の取り扱いに関する基本姿勢に同意の上、送信してください。