千原 真依子

千原 真依子(ちはら まいこ
流通営業グループ茨木営業所




お客さまへのメッセージ
お客様とお話している時が、一番イキイキしていると言われます。器用ではありませんが、真剣さでは負けません。あなたのお住まいについて、ぜひ一緒に考えさせて下さい。

■出身地/大阪府茨木市
■出身校/大阪市立大学
■資格/「宅地建物取引士」
■趣味/読書、食べること
■特技/手のマッサージ


思い出のお客さま
営業担当をしていた時の初契約のお客様です。つたない接客にご不安もあったと思いますが、最後まで私に向き合って下さいました。ご購入を決められたときにかけて下さった、「初契約おめでとう」という言葉は、忘れられません。


私の宝物



好きな言葉
「一生勉強、一生青春」
私の祖父は定年後も長い間仕事を続けていました。日々をいきいきと過ごす祖父の姿は、ずっと私の目標です。常に何か新しいことを学ぼうという姿勢を持っている人は本当に輝いて見えると思います。私の生き方の軸になっている言葉です。


現在の仕事内容
お問合せをいただいたお客様に電話、メールでの物件紹介を行っています。以前営業担当をしていた経験を活かしてお客様のご要望をお伺いし、ご希望に合いそうな物件をご提案したり、気に入られた際にはスムーズに営業担当に引き継げるよう努めています。


学生時代
法学部の授業に明け暮れる3年間を過ごし、単位を取り終わった後は、アルバイトに明け暮れていました。


入社動機
面接の終盤で、「本当にウィルに入りたいと思うか」と聞かれました。うまく返答できなかった私に、ウィルはもう一度話をする場を設け、気持ちを整理してくれました。学生一人ひとりに真剣に向き合う姿勢に感動し、入社を決めました。入社後も、お客様を代弁できるくらいお客様を理解する「お客様代行」の営業スタイル、上司の指示などから、ウィルの人と真剣に向き合う姿勢を日々感じています。

写真は入社式にて。



最も嬉しかったこと
営業担当をしていた時にお客様から購入の申込後にいただいた、「千原さんがちゃんとやってくれたから、僕としたことが、仲介手数料をまけてって言いそびれてしまいました(笑)」というメール。限られた予算の中で希望のお住まいを建てるために、メーカーさん選びにも、土地の予算にもすごくこだわられ、やっと良い所がみつかったお客様だっただけに、思わず涙が出ました。


最も辛かったこと
営業担当をしていた時に初めて接客させていただいたお客様のことです。その方はある物件を気に入って下さったのですが、最後には購入を諦めてしまわれました。お客様の気に入ったお住まいがみつかったことが嬉しくて、どんどん話を進めてしまったために、不安を感じられ、諦めてしまわれたのです。お客様の人生を左右してしまう、お住まい探しという仕事の責任の重さを強く感じました。


仕事における現在の目標
一人でも多くのお客様に、ウィルに問合せをして良かった、お住まい探しの役に立ったと思っていただけるように頑張りたいです。


就職活動へのアドバイス
一番大事なのは、自分がきちんと納得するまで就職活動を続けることだと思います。就職後は楽しいことばかりではありませんが、そんなときでも、長い時間をかけ、完全に納得して入った会社でなら頑張れます。


学生さんへのメッセージ