河越 絵美子

河越 絵美子(かわごえ えみこ
ウィルスタジオ 次長





お客さまへのメッセージ
2014年7月7日、(株)ウィルスタジオは発足しました。

ウィルで培ってきたブランディング広告のスキルを活かし、
不動産業界をもっと元気にしていきたいと思っています。

私たちは、企業の意志を代弁するクリエイティブ企業を目指します。


思い出のお客さま



私の宝物



好きな言葉
「まず思うこと」
これまでしんどいこと・大変なことは数えきれないくらい多くありました。しかし、今思えば、今の自分はかつて入社前の自分が思い描いていたことをしています。人間、結局自分が思うように生きていくのだと実感しています。
そう考えるとこれからの5年後、10年後もとても楽しみです。そんなふうに思えるいい会社、いい仲間、いい仕事に出会えたことに本当に感謝しています。



現在の仕事内容
不動産会社での経験を活かし、多くの企業様(主に不動産会社様)のホームページ制作や物件販促をさせていただいています。
また、ウィルグループの広告全般も手掛けています。
中でも「社内報」は、全国コンペで何度も受賞しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.will-ws.com/media/


学生時代
結構まじめに勉強もアルバイトもしていました。そして適度に遊んでいました。早く社会人になって、自分で稼いだお金で生活できるようになりたいと思っていました。


入社動機
自立できる力をつけたい。
生きる力をつけたい。
そう考えて就活している中、実際に30歳台女性が第一線で活躍してい姿るを見て、リアルに自分の10年後をイメージすることができました。それがウィルです。
私の選社基準は、「力をつけることができるかどうか」。その女性が輝いていた理由はウィルの在り方にありました。世間では「一人前になるのに3年はかかる」と言われていたのに対し、ウィルでは「1年で一人前になる」と言われていたこと。20代はとことん仕事をして自分の人生の土台をつくっていこうと考えていた私にぴったりの環境。成長スピードが早いということは、それだけ責任ある仕事を、多くさせてもらえるということであり、ここでなら、自分が望む「真の力」をつけることができる!と思いました。
また、「公平な評価」があることも魅力でした。年齢、性別関係なく結果を出した人、力がある人が評価される、その風土に共感しました。



最も嬉しかったこと
課員の成長を感じるときです。
一人ひとりが成長し、それがチームとしてひとつの大きな力になっていくこと。
それを実感できることが、何よりの喜びです。
自分一人では成し遂げられないことを、必ずこのメンバーと共に達成し、
全員で全員の人生をより豊かなものにしていきたいと思っています。

※写真は、メンバーで鹿児島旅行に行ったときのもの。



最も辛かったこと



仕事における現在の目標
世の中にない事業・サービスを生み出すこと。
真に顧客から求められる存在になること
そして、社員全員が真のプライドを持てる会社をつくること。
(そう思える今の環境、仲間に本当に感謝しています!)

※写真は、大切な仲間です。メンバーの自宅で寿司パーティ。






就職活動へのアドバイス
どう生きたいか?どんな人生にしたいか?が大切だと思います。就職活動を単なる「仕事探し」にしてしまうのはもったいないです。業種、知名度、規模だけにしばられず、本当に「自分に合う」会社をとことん探して下さい。自分自身が描く人生のために・・・。


学生さんへのメッセージ