Story8

私たちの値打ち

「住まい探し、やめましょう。売却についてはもう一度慎重に考えられたほうがいいと思います」

私は、住み替えを希望するA様にこう提案した。

それは、数日前のこと。「自宅を売却して便利なところに引っ越すよう息子夫婦から勧められました」という老夫婦A様から相談を受けた。しかし、A様が懐かしそうに語られるご自宅での様々な思い出を聞くうちに、ご自宅の売却の提案に気が進まなくなった。「まだ自宅を離れたくない」というA様の寂しい思いがひしひしと伝わってきたからである。家族の大切な思い出が詰まった場所から離れていく寂しさは、かつて、私自身も体験したことがあった。トップ営業を目指して奔走する最中、売却を勧めるのが「営業担当の仕事」なのかもしれない。しかし、私にとってその時のA様の思いは、無視することのできない、大切なものにしか思えなかった。

ご提案からしばらくして、A様から連絡が入った。「愛着深いこの家に、やはりもうしばらく暮らしたいです」と、申し訳なさそうにおっしゃるA様の言葉に私は胸をなでおろした。その後、A様と連絡を取る機会もなく、私は多忙な日々を送った。ただ、ふとした折りにA様を思い出しては、なぜか自分の祖父のように気にかかっていた。

イメージ画像

「私たちにとって最後の一軒を探してください」

転勤を重ね、私が再びA様を接客した店舗に戻ったのは六年後だった。異動後の慌ただしさが落ち着いた頃、なんとA様から電話が入った。

あまりのタイミングの良さに驚いたが、それ以上にうれしかったのは、改めて指名をいただいたことだった。

A様は開口一番、「すぐに売却を進めてください。そして私たちにとって最後の一軒を探してほしいんです。今度はほんまです!」とおっしゃった。どんな方法で、いくらで売却するかも全部任せてくださるという。私は、六年前に二度お会いしただけの自分をここまで信頼していただいていいものかと思った。A様ご夫妻の期待に応えようと、可能な限り良い条件での自宅売却と、これまで以上に素晴らしい思い出を育んでいただける新居の紹介に尽力した。

私は、七年前の入社時に聞いた言葉を今でも思い出す。そして最近、その言葉の意味が本当に実感できるようになった。

「大事なのは会社のネームバリューや規模ではない。どれだけお客様の気持ちになって動けるか。それこそが私たちの値打ちである」。

先日、A様は息子さまのお住いの近くに引っ越された。お孫さまに会う機会も増え、ご新居でもご家族の思い出を積み重ねておられるようだ。

私たちは、お客様代行のウィルです。
私たちは、
お客様代行のウィルです。
   
     

購入:住まいをさがす

『検索条件の保存』にはログイン、またはウィルWEB会員の登録が必要です。

ウィルWEB会員の登録

お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
パスワードは8〜20文字で、また半角英字、数字を最低1文字以上使用してください

※パスワードは半角英数字で8〜20文字。また英字、数字それぞれ1文字以上使用してください。

現在、住まいに関して検討されていることを教えてください(複数回答可)必須

株式会社ウィルはプライバシーマーク使用許諾事業者として認定されています。ご入力いただいた個人情報は、このサービスを提供する株式会社ウィルの個人情報保護方針に則って厳重に管理します。お問合せ内容を、個人情報の取り扱いに関する基本姿勢に同意の上、送信してください。