STRUCTURE構造

耐震+制震で住まいを守る

「リノ箕面ザ・ロフト」の建物は、地震対策に必要な
耐震、復元力、制震の3つの性能を備える
耐力壁を用いています。
繰り返しの余震にもその性能は持続。
安心構造で万が一に備えます。

耐震+制震
  • 耐震

    建物を固くして地震エネルギーに「力で対抗する」という考え方を耐震構造と言います。建物の強度を上回る強い揺れの場合、内部の構造が壊れて弱くなり、揺れやすくなる可能性があります。

  • 制震

    制震材などを利用して、建物の揺れを吸収する方法です。建物の構造を損傷から守ります。繰り返す揺れにも有効なので、建物の性能を維持します。他の耐震対策と比べて低コストなのも魅力です。

2×4(ツーバイフォー)工法

日本古来からある在来工法が柱を主体とした軸組壁工法であるのに対し、2×4工法は壁、床、天井などの六面体の面全体で家を支える「枠組壁工法」と呼ばれています。

木造在来工法が地域や施工者によって出来上がりにかなり大きな違いがあるのに対して、ほとんどの2×4工法は住宅金融支援機構の定める技術基準に基づき厳格に施工されているため、構造躯体に一定の品質が確保できる工法です。

  • 軸組壁工法
  • 枠組壁工法

地震エネルギーを熱で吸収する制震システム[GVA ジーバ]を採用

[GVA ジーバ]は、阪神淡路大震災の甚大な被害を目にしたある設計士の、「制震システムで、一軒でも多くの家と住む人を守りたい」という想いから生まれました。制震工法のその先の、さらなる安心を。

耐震構造のみのモデルには、一般的な構造用合板による試験体を使用。阪神淡路大震災級の震度7の実験波を与えたところ、最大250mmも揺れ、実験後は完全に倒壊した状態でした。一方制震システム[GVA ジーバ]を付加したモデルは最大揺れ幅が72.5mとなり、約70%もの揺れを軽減できました。

地震時、建物はまず地盤とともに土台が揺れ、次に梁が揺れます。揺れを抑えるためにはこの土台と梁の揺れを吸収する必要があります。ジーバは、土台・梁間に大きなダイヤモンド型フレームを組み、土台・梁との接合部分(制震材搭載部分)で効率良く揺れを吸収できるような仕組みに開発されています。