潮田 裕利奈

潮田 裕利奈(うしおだ ゆりな
流通営業関西グループ箕面営業所




お客さまへのメッセージ
人生の節目、一大イベントであるお住まい探し。そのお手伝いをさせて頂くということに、責任と喜びを感じております。
叶えたい夢や希望、不安に思われていること、どんなことでもお話しください!
お客様と本音で語り合い、そのお客様にとって一番幸せなご提案をさせて頂けるよう、全力でお手伝い致します!

*出身地/三重県名張市(有名人:平井堅、山口蛍、チャンカワイ、江戸川乱歩)
*出身校/大阪教育大学 健康生活科学専攻
*資格/カラーコーディネーター
*好きなもの/和菓子(とくに落雁)、京都、ロンドン、コナン、ドナルドダック
*特技/書道、弓道(高校・大学弓道部です)
*趣味/映画・ドラマ鑑賞、カメラ、ロケ地巡り



思い出のお客さま
初めて売主様と買主様を繋ぐことができた物件のお客様です。
売主様・買主様それぞれと語り切れないストーリーがありますが、最終的に買主様からお申し込みを頂いたときに売主様は飛び上がって泣いて喜んでくださり、お引渡しのときには手作りのティッシュケースと小物入れを頂きました。常に持ち歩き愛用しており、見る度に初心に戻り頑張ろうと思える私のバイブルです。
売主様と買主様の双方に喜んで頂けたとても良い経験でした。その売主様・買主様とは今でも連絡を取り合っており、歳は離れていますが大切な友人です。今もそのときのような、それ以上の幸せなお取引をすることを目標に精進しています。


私の宝物



好きな言葉
「必ず損をしなさい」
ウィルの面接の中で、代表から頂いた言葉です。
自分が損をすることで相手は得をする、そこから人望は生まれる。つまりは相手の気持ちを考えて発言・行動をすることが、人として最も大切だということだと思います。
就職活動中にどの企業でどんな話を聞いたかはほとんど覚えていませんが、この言葉だけは今でも鮮明に記憶されてます。これからも忘れずに持っていたい、私の行動指針です。


現在の仕事内容
箕面営業所にて仲介営業を担当しております。「お住まいを売りたい方」と「お住まいを買いたい方」を繋ぎ、双方にご満足頂けるようにご提案するのが私の仕事です。
お客様からたくさんお話を伺いながら「お客様代行」の精神で、そのお客様にぴったりのお住まいをご提案できるように努めます。



学生時代
学校に部活にバイトにサークルに・・・休む暇なく忙しく過ごしていました。
様々なアルバイトを経験し、その中で将来働きたい環境を思い描くことができました。
大学で出会った友人が今までに出会わなかったタイプの良い意味で変わった面白い人たちばかりで、それまでの「生き方」や「考え方」が大きく変わりました。人との出会いや繋がりの大切さを実感しながら、私も人に影響を与えられる人になりたいと思うようになりました。
様々なことを感じ、考え、悩み、学んだ4年間だったと思います。

写真は、卒業式にて愉快な仲間たちと。



入社動機
*人を大切にしてくれる会社だと感じた
*新しいことに挑戦する姿勢に惹かれた
*やりたいこと、面白い仕事ができると思った
学生時代から住宅やインテリアが好きで、将来はそういった仕事がしたいと漠然と思っていたところウィルに出会いました。
それまでは不動産業界に興味はなかったですが、常に世の中の常識を変え続けているウィルの事業には、私のやりたいことが詰まっていると感じました。
また、「妥協しない」、「ノーと言わない」というウィルの精神にも共感し、入社を決めました。

写真は、新人研修で先輩から差し入れをもらったときのもの。



最も嬉しかったこと



最も辛かったこと



仕事における現在の目標
お住まい探しを通してお客様とお客様以上の、そして生涯続く関係を築いていくことが、この仕事における私の目指す姿、目標です。
そのためにも、一人ひとりのお客様に寄り添い、向き合い、丁寧な接客を心掛けます。
「ウィルに任せてよかった」、「担当が潮田でよかった」と思って頂けるように、誠心誠意努めて参ります!



就職活動へのアドバイス
*好きなことを仕事にしたい
*人を大切にする会社で働きたい
私の就職活動においての軸です。
ただ最初から軸があったわけではなく、様々な企業と出会い、たくさんの方々とお話をする中で明確になりました。とくにウィルの面談では、曖昧だった自己分析を改め、就活そのものも見直すことができました。
「自分は」何がしたいのか、何を大切にしたいのか、その考えを深めることが重要だと思います。あとはとにかく動くこと!動いて損はありません。



学生さんへのメッセージ
私は早く大人になりたいと思ったことがありませんでした。子どもの方が楽だと思っていたからです。
でも学生時代に想像していた何倍も、社会人生活はイキイキとしていて楽しいです。
決して楽ではありません、でもつまらなくもありません。
大人になっても喜怒哀楽できる環境にいられることを誇りに思います。
今を全力で楽しんで、全力で飛び込んできてください!