湊 千絵実

湊 千絵実(みなと ちえみ
流通営業関西グループ西宮営業所 リーダー





お客さまへのメッセージ
家を購入するというのは人生で一番大きな買い物だと思います。
そんな買い物をするにあたって、一緒に悩みを考え、妥協しないお住まい探しをお客様とさせて頂きたいと思っています。

■出身地/大阪府貝塚市
■出身校/大阪大学理学部数学科
■資格/宅地建物取引士
■趣味/ピアノ


思い出のお客さま
初めてご契約頂いたお客様です。



私の宝物
家族です。父、母、祖母、そしてペットのネコ。
たまに会うと、やはり帰る場所はここだなと感じます。



好きな言葉



現在の仕事内容
西宮営業所で不動産の売買の仲介をさせていただいております。
お客様に一番合ったお住まいを提案できるよう、日々勉強中です。





学生時代
大学四年間はアカペラサークルに所属していました。毎日のように歌い、様々なステージに出させて頂いたことは今でも最高の思い出です。

※写真は、大学で力を注いだアカペラの新歓ライブのものです。


入社動機
「努力できる人間になりたい」と思ったからです。

私は小さい頃から大抵のことは人並み以上にできていました。
勉強ができる、走るのが速い、歌が上手い。狭いコミュニティの中でもてはやされ、かなり調子に乗っている子供だったと思います。
中学生の頃は、「私は世界で一番優秀な人間かもしれない。」と本気で思っていました(笑)
しかし、高校になると、部活をしていなかった私は部活をしている人たちよりずっと走るのが遅い。
なんとか合格して入った大学では、遊んでばかりで落ちこぼれ。所属していたアカペラサークルでは、自分より何倍も努力をした人たちが大きなステージに立っていて、私はそれを見ていることの方が多かったように思います。

就職活動をきっかけに、自分の20年間を振り返ったとき、単純に「ダサいな」と思いました。
努力をせずどんどん得意なことがなくなっていくことが怖かったし、そんな危機感を持ち続けながら生きていくのも嫌でした。

そんな「思い」を持って努力をしている集団の中に身を置きたいと思ったので、ウィルに入社を決めました。
また、不動産には全く興味のなかった私ですが、
人の人生に直接かかわる仕事をすることで、仕事において、そして自分の人生において、責任の幅を広げていきたいと思いました。




最も嬉しかったこと
土地の売却を考えてらっしゃったお客様に、「湊さんに任せます。」と言われたこと。
お話しをする前は、「大切な資産だから、何社にも話を聞いて信頼できるところにお願いしたい。」とおっしゃっていた方でした。
しかし、お話しをした後には「湊さんにお任せします。」と言って頂くことができ、とても嬉しかったです。






最も辛かったこと
ずっと接客をしていたお客様に「あなたを信用できなくなった」と言われたことです。

入社してから二人目のお客様。
どんな暮らしをされたいのか、お話を伺いながらたくさんの家を見に行きました。
紆余曲折を経て、「ここに住みたい」と言っていただける物件をご提案することができました。
「担当が湊さんでよかった」と言われたとき、がんばってよかった、と心から思ったことを今でも覚えています。

しかし、その後、私の不手際でお客様に大変なご迷惑をおかけしてしまいました。
そのときに言われたのが最初の言葉です。
結局、そのお客様はその家をご購入されませんでした。

自分の言動一つで目の前の方の人生が変わる。
この仕事の責任の重さを改めて感じた経験でした。







仕事における現在の目標
一人でも多くのお客様に「湊さんがいてよかった」と言われる営業マンになることです。


就職活動へのアドバイス
「自分は今何がしたいのか」、「今の自分には何が合っているのか」
就職活動を始めると、そんなことを考えることが多くあるかもしれません。
それももちろん大切なことではありますが、最も大切なのは「自分はどうなりたいのか」「自分のなりたい姿にはどんな環境が合っているのか」だと思います。
「会社選び」に困っている方は、「今」自分はどうかではなく、「今後」どう生きていきたいかをじっくり考えてみてください。




学生さんへのメッセージ
学生生活は、好きなことを好きなだけできる期間だと思います。
たくさん遊んで学んで、充実した学生生活を送ってください。