物件情報特集:女性のための物件特集



座談会

―ライフスタイルの変化などで住まなくなる可能性は、どう考えてますか?

墨屋:住まなくなったら、売却もしくは賃貸を考えています。そのときの市場の動向に応じて、ローンの残債とも照らし合わせた上で決めようと思っています。景気が上向きなら多少高い賃料でも貸せるし、下向きなら値下がってしまう前に売却しようと考えています。

井上:私は、もし結婚して余裕があれば所有し続けて賃貸に出すかもしれない。そうじゃなかったら売却して次の住まいの購入資金に充てるとか、自分の気持ちや状況によってリスクが少ないほうを選びます。シングル女性の場合、将来に不確定な要素が多いし、もしかしたら運命の出会いがあって3ヶ月後に結婚してるかもしれない(笑)。だからつぶしのきく物件がいいですね。

佐藤:もし結婚したら、2LDKなので一緒に住めると思っています。子供ができて、ある程度大きくなったら戸建てに住み替えたい。今すぐに結婚する予定はないから10年以上は今のマンションに住むことになると考えてます。

―そうですね。結婚したら住まなくなる訳でなく、2LDKなら子供1人は余裕でOK、子供が2人で個室を分ける必要があっても、小学校高学年くらいまでは大丈夫ですよね。子供部屋がいらないうちは1LDKでもいけますし。
でも、若い女性が家を買うのって、まだそれほど一般的ではないですよね?


墨屋:「買いたい」と思うことがあまりないのでしょうか。「ずっと住むわけじゃないし、とりあえず賃貸」とお考えの方は多いと感じますね。

井上:そうですね。「買ったら一生そこに住まなければならない」とお考えになる方が多いと感じます。「一生」と縛られずに、リスクを回避できる物件を購入すれば良いと思います。

臼井:シングル女性に限らずファミリー層でもリスクが全くない訳ではなく、ご両親と同居する可能性などいろいろあるはずです。

―縛られると言えば、じつは私自身、住まいは「絶対南向きの一戸建て」だと思っていたのですが、今はマンションの良さを実感しています。1フロアだと掃除機をかけるのも楽だし、室外に関しては管理も不要です。また、物件種別だけでなく、新築しか考えられないという方が、〈中古×リフォーム〉の可能性を知れば選択肢も広がるかもしれません。「自分はこうだ!」と縛られずに、いろんな住まい方を知ったら、ご自身のライフスタイルにぴったりの家が発見できそうですね。

井上:この仕事を始めてから不動産の知識を積み重ねてきて、特に自分の家探しをしていたわけじゃなくても、いつの間にか「自分が購入するなら・・・」と条件整理ができていた感じがします。100点満点の物件はないことも分かっているし、自分にはどんなリスクがあるのかも知りました。どう買えば良いかも分かります。



―この業界にいる皆さんは、自分で調べたり上司や先輩の意見も聞いたりできますが、一般の方は、どうすれば価値ある物件か、売却できる物件かどうか、分かるんでしょう?

墨屋:そのために私たちがいます!!!!

井上:一番の理想は、専門知識を持って自分の希望に合う物件を探すことですが、一般の方々が専門知識を身につけることも、リアルタイムで相場を知ることも不可能です。だからこそ自分の希望も不安もライフプランもありのまま話せて、自分の代わりに住まいを探してくれる信頼できる営業マンに出会うことが重要だと思います。

―最後に、このコーナーをご覧になっている方へのメッセージをお願いします。

井上:100点満点の物件はないことを念頭に置いて、希望条件に優先順位をつけ、諦められるポイントを整理することをおすすめします。

墨屋:あとは、情報誌に書いてあることに翻弄されないで頂きたいですね。お客様の条件にあてはまらないことに固執してしまって、せっかくの機会を逃して頂きたくないんです。

井上:例えば、少し前なら「自己資金は物件価格の20%」とか「やっぱり南向き」とか。私は、家賃を払いながら自己資金なんて貯められないから、自己資金なしで諸費用ローンを組んでます。

―昼間は家にいないライフスタイルなら陽当たりは必要なく、南向きということがかえって「物件価格が高い」というデメリットになってしまいますよね。

井上:ただ一つだけ、縛られたほうがいいと思うのが物件価格です。無理して予算を超えるのではなく、諦められる部分を明確にして、リスクのない価格で購入されることをおすすめします。

将来のリスクを回避することは考えつつ、ご自分のライフスタイルに合うか・どんな暮らしをしたいのか・住みたいと思える家かどうか・・・といった視点を持って、暮らしがより一層豊かになるようなお住まいに出会っていただきたいですね。



前のページへ

3 / 3
次のページへ




■購入
暮らしがイメージできる、こだわりの物件検索をご覧ください。
■売却
将来、売却をお考えの方へ。ご自宅の相場を知ることができます。
■リフォーム
中古物件を買ってリフォームするという買い方を知って下さい。
■住宅ローン・保険
住宅ローン、その他お金に関するご相談も承ります。
■お問合せ窓口
まずはお気軽にご相談下さい。女性スタッフのご希望にもお応えします。


©2006 Will Co,.ltd.
pagetop



株式会社ウィル