前田 哲志

前田 哲志(まえだ さとし
流通営業グループ江坂営業所




お客さまへのメッセージ
お住まい探しは一生に数回しかないとても大きなお買い物です。お客様がその特別なお買い物で最高のお住まいに出合えるように、お客様理解と不動産知識の研鑽に日々励んでいます。お客様の期待に応えるだけではなく、その期待を超えるようなご提案を目指して頑張らせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

■出身地/宇治(抹茶の産地)
■出身校/京都大学
■血液型/A型
■趣味/音楽鑑賞
■好きな食べ物/そば、いかなごの釘煮
■好きな言葉/試行錯誤(『何度も何度もよりよいものを』と追及するのが好きです。お客様の希望にならうまでとことんお付き合いさせていただきます!)


思い出のお客さま



私の宝物
私の宝物は、ご契約いただいたお客様からの感謝の言葉です。一緒に悩みぬいてきたからこそ、いただく「ありがとう」の言葉は、なにより仕事の活力になります。


好きな言葉



現在の仕事内容
現在はウィル不動産販売江坂営業所にて、不動産の仲介営業業務に従事しております。仲介業務というのは不動産営業の最前線です。お客様が「どんな家に住みたい」のか、「どんな暮らしをしたい」のかをとらえることが最も大事な仕事です。そこから、正確なご資金計画と知識でもって、リフォーム等を含めたご提案をさせていただき、お客様とともにお住まいを探させていただいております。「一生に一度の大きな買い物」がより良いものになるように、「お客様の人生」がより豊かになるように、誠心誠意お付き合いさせていただいております。


学生時代
学生時代はスタ丼屋のバイトに精を出しました。三条河原町の『伝説のスタ丼や』という丼屋で、店長のもと、売り上げ増大のために仲間とともに必死に楽しく店を盛り上げてきました。楽しくスタ丼の仕事を追求した結果、店の売り上げを一日に1~2万上げるスタッフとなりました。このバイトによって、お客様の満足が接客の最終目標であること、仲間を信じてともに仕事をする楽しさ、一生懸命仕事をした後のすがすがしさなど、現在の私の価値観が形成されています。


入社動機
私は、魅力ある面白い人間になるために入社しました。私は昔から周囲に頼られることを最も幸せに感じる人間でした。しかし、体裁を気にして本音を伝えることができない人 間でした。そんな私に会長が言ってくださった「今君に人としての魅力は感じていない。でも人間力を身に着けたらもっと面白い人間になると思う。」という言葉が入社のきっかけです。 私はこの言葉に、厳しさと希望を感じました。私に対して本音でぶつかって頂ける厳しさと、ぶつかった先に人を惹きつける魅力を持った面白い人間になれるのではないかという希望を感じました。そして一切妥協しないウィルの社員の方々を見てそのイメージが確信に変わり、最も成長できる会社はココだ と思い、入社しました。




最も嬉しかったこと



最も辛かったこと



仕事における現在の目標
私の現在の目標は営業マンの誰にも負けずに一番をとることです。誰にも不動産の知識で負けたくありません。誰にもお客様に対す る想いで負けたくありません。だれにも負けないこれ以上ない想いで仕事にあたり、一人ひとりのお客様のご満足を最大限に引き出すことで、一番お客様に信頼していただける営業マンを目指しています。


就職活動へのアドバイス
私からの就職活動へのアドバイスとしては「自分が納得する会社に出会うまで妥協せず探すこと」をお勧めします。就活生一人ひとり考え方が違 うことは当然で、大事にしたい価値が違うことは当然だと思います。ですので、自分の「譲れない価値観」がなんであるかを、自己分析でも友人からの意見でもいいので、しっかりと言葉にして、自分自身で「分かる」ことが大事だと思います。そしてその価値観を大事にしている会社に出合うまで、納得がいくまで妥協はするべきではないと思います。できれば社員さんに多くお会いして、ここで働きたいかをはっきりとイメージすることをお勧めします。表面上の情報だけで入社 し、仕事が苦痛になることが一番不幸だと思いますので、自分に合う会社を妥協なく探すことをお勧めします。


学生さんへのメッセージ
学生と社会人では全く価値観が変わります。学生身分では許された甘さが、社会に出ると、「責任」から全く許されなくなります。求められる水準は高く、達成することは容易ではありません。しかし、その水準を上回って達成した時、上司やお客様から 頂ける激励や感謝には他に代えがたい幸せがあります。社会人は辛くも楽しいです。就活は悩むことも多いかと思いますが、是非悩みぬいて、最高の社会人の世界に飛び込んできてください!