小林 敦子

小林 敦子(こばやし あつこ
流通営業グループ川西営業所 リーダー





お客さまへのメッセージ
家を買うということは、人生の中で最も大きな買い物になる方がほとんどだと思います。たくさんの時間やお金をかけて買うものだからこそ、家探しをしているときも、家をご購入された後も、納得感と満足感を感じていただけるように全力でお手伝いさせていただきます。
私に心から家探しを任せていただけるように、何よりもお客様との信頼関係を大事にしたいと思います。

■出身地/大阪府吹田市
■出身校/神戸大学
■好きなこと/船に乗ること(一級小型船舶操縦士免許を持っています)
■趣味/食べ歩き
■特技/耳コピができます


思い出のお客さま
C様という中古マンションをご購入頂いた女性の方です。
ご購入、お引渡しに至るまで、
ご親戚の方からの大反対があり、C様と私で一緒に怒鳴られたり、
ローンの審査がなかなかうまくいかず、いろんな銀行の審査にチャレンジしたり・・・
本当に紆余曲折ありました。
お引渡しが無事終わってから、「これでこれからの人生もがんばっていけそうです、本当にありがとうございました。」と
言って頂けてとても嬉しかったです。
「お客様」というより、一緒に苦難を越えてきた「同士」としてお手伝いができたことが、ずっと心に残っています。



私の宝物
実家の家です。小学3年生のときに新築一戸建てに引越しました。
家探しをしている期間、子供ながらにすごく楽しかったのを覚えています。家族みんなで壁紙を選びに行ったり、建設中の家を見に行ったりして、家の完成を待ちわびていた日々は忘れられません。今、思い出しても込み上げてくるものがあります。
お客様にもそう思って頂けるように、真剣に接客したいと思います。

※写真は、成人式の日に実家にて。


好きな言葉
「幸せは途切れながらも続くのです」
大好きな曲の歌詞です。
辛いことやうまくいかないことがあっても、また必ず幸せなことがやってくると思うと、前向きになれます。



現在の仕事内容
川西市を中心に、お住まい探しのお手伝いをしています。
「お客様代行」としてお客様にとってベストなお住まいを探し、幸せになっていただけるように、全力で接客しています。
上記エリアに併せて、
宝塚市・伊丹市・尼崎市・西宮市・大阪市・摂津市・吹田市・神戸市・芦屋市・箕面市・茨木市・高槻市でのお取引の経験もございますので、
幅広くご相談下さいませ。


学生時代
学部では船乗りになる勉強をしていました。一時は航海士を目指していました。4年間で計半年間以上、乗船実習に行っていました。
サークル活動では、情報誌を作ったり、バレーボールをしていました。
アルバイトも、税務署や結婚式場、スペインバルなど様々な所で働きました。
とにかく盛りだくさんの学生生活でした。

※写真は、大学4年生の最後の乗船実習にて。


入社動機
自分が主になってがんばれる会社だと思ったからです。
性別、経歴などは関係なく、がんばりをまっすぐ認めてくれる環境があるのだと、面接やOB訪問を経て感じました。
具体的には、仕事に対するスタンスや、お客様だけでなく社員同士との相互理解も大切にしているところに惹かれました。

高校・大学時代で、どこか中途半端で納得のいかない学生生活を送ってきた私にとって、
この会社で生まれ変わって自分に自信を持ちたい!と思えたことが、入社を決めた大きな理由でした。


最も嬉しかったこと
以前お住まいをご購入していただいたI様に「この家が見つかって人生が変わったわ、本当にありがとう。」と言っていただいたことです。
お客様のご事情で一刻も早く次の家を探さないといけない状況でしたが、無事ぴったりのお部屋が見つかりました。
お引渡しのときに、とても感謝して頂き喜んで下さったのが嬉しかったのと、別れが惜しいのとで私が思わず涙してしまっていたら、お客様も一緒に泣いてくださいました。
お引渡しの後も、新居に招いて下さりお茶会をしました。
どのお客様も、私の仕事に対して感謝していただけることがとても嬉しいです。皆様にそう思って頂けるようがんばろうと思いました。


最も辛かったこと
私の伝え方が悪く、お客様を不安にさせてしまい、当時望んでいらっしゃった物件を買っていただくことができなかったことです。
せっかく気に入っていらっしゃったのに、その物件をお客様の新居にして頂くことができず、今でもとても申し訳ない思いでいっぱいです。
今後は絶対、こんなことはないようにしようと思いました。


仕事における現在の目標
私に担当されてよかった、と思ってもらえるようにすることです。
誰から買っても(売っても)一緒な中での私、ではなく、私から買いたい(売りたい)から私、という風にたくさんのお客様に選んでもらえるよう、日々仕事をしています。


就職活動へのアドバイス
「この先の人生で何をやりたいかを考えて逆算しろ」「会社に選ばれるのではなく、自分で選べ」など、よく言われている言葉ですが、本当にその通りだと思います。私も昔は、ありふれた言葉だなという位にしか思っていたのですが、いざ自分が経験してみてようやくその言葉の真意がわかった気がします。
今どんな仕事がしたいか、という感覚的なところももちろん大事ですが、それは一時的なものとして過ぎ去ってしまうかもしれません。この先どんな自分でありたいか、ということを想像してから、じゃあ今どんな仕事をするのがいいかなと考えてみて下さい。
私は実際にそれで大きく視点が変わり、自分にぴったりのこの会社に出逢うことができました。


学生さんへのメッセージ
大学時代、私は自分が何かを成し遂げた!やりきった!と心の底から思えなくて、自分に自信がありませんでした。
でも、社会人になってからは絶対変わりたい!と思って精進しています。まだ入社して間もないですが、ちょっと変わってきた気がします。
学生時代は、悔いのないように過ごして下さい。
でも、万が一悔いがあっても、就職してからもリベンジはできます!社会人になることをチャンスだと思って下さい!