大川 裕介

大川 裕介(おおかわ ゆうすけ
流通営業グループ茨木営業所




お客さまへのメッセージ
理想の家、理想の暮らし方などのお住まいに対する思いは、一人ひとり異なります。その思いを全て私にぶつけてください。それぞれのお客様のニーズに合ったお住まいをご提案させていただきます。
お客様とお住まいの夢を共有し、その夢を実現させるためのお手伝いを、ぜひ私にさせてください。

■出身地/兵庫県西宮市
■出身校/関西大学
■資格/宅地建物取引士・3級ファイナンシャル・プランニング技能士
■趣味/旅
■特技/少林寺拳法


思い出のお客さま



私の宝物
仲間です。

今までの人生を振り返れば、楽しいこと、辛いこと、刺激になったこと、思い出などは、全て仲間がいたから経験できたことです。その経験が今の自分をつくっています。これからも上司、先輩、同期と一緒に切磋琢磨していきたいと思っております。

写真は、大学のサークルの仲間との卒業旅行


好きな言葉
「ハチドリのひとしずく」
正しいと思ったことを、思いを曲げることなくこつこつ努力して取り組み続けるという意味です。
思い通りにいかないとき、結果に繋がらないときに、この言葉を励みにして頑張っております。

ちなみに、こんな話です。
森が燃えていました。森の生きものたちは、われ先にと 逃げて いきました。
でも、クリキンディという名のハチドリだけは、 いったりきたり口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。
動物たちがそれを見て「そんなことをして いったい何になるんだ」といって笑います。
クリキンディはこう答えました「私は、私にできることをしているだけ」


現在の仕事内容
茨木市、高槻市をメインに不動産仲介業務をしております。
「売りたいと考えているお客様と、買いたいと考えているお客様の仲人役」と、イメージしていただければと思います。




学生時代
学生時代は、部活動やサークルに没頭していました。中学校では野球、高校では少林寺拳法、大学ではテニスと、競技は様々ですが、いずれも没頭し懸命に取り組んできました。
ちなみに、高校時代の少林寺拳法では、全国大会に出場させていただきました。
また、大学時代には1ヶ月間、東南アジアにバックパッカーをしたり、クロスバイクで遠くに出かけたりと、充実した学生時代を送っていました。バイトをする時間がなかったので、早朝のコンビニバイトをしていました。朝5時起きを週3~5回、4年間続けました。

写真は、タイにバックパッカーに行ったとき(パドゥン族と)


入社動機
ウィルに出会うまでは、「車や家を売りたい!」という漠然とした考えで就職活動をしていました。しかし、ウィルに出会い、社員の話を聞いて、「成長できる環境で働いて、一人前になりたい!」「充実した楽しい人生を送りたい!」という、本来、自分が持っていたはずの考え方に気づかされました。達成感や充実感を感じながら生きていたいという考え方に従い、私はウィルを選びました。
その考え方は、入社するまでに経験してきた部活やバイトなどを一生懸命にやってきたからこその考え方だと思います。

写真は、入社式にて。


最も嬉しかったこと
初契約をしたことです。
当時の上司の力を借りての初契約になりましたが、やはり嬉しかったです。お客様のお子様の為に、朝と夜、安全な通学路を計4時間程かけて探しました。
結局、全く別物件をご購入頂きましたが、「大川さんがそこまでしてくださったから安心して家を買うことが出来ました」と後日お聞きしたときはとても嬉しかったです。


最も辛かったこと
お客様から担当者変更を言われたことです。
他の業務に追われお客様に返信するメールが遅れてしまったことで担当者の変更を依頼されてしまいました。
お客様にとっては一生に一度の買物でこちらの事情など関係がない。
プロとしての甘さを痛感させられた出来事でした。


仕事における現在の目標
お住まいの購入は人生で一度あるかないかの一大イベント。そんな一大イベントの中で、お客様から真に信頼され、全てを任せていただけるような担当者になることです。

写真は、社内のプレゼン大会にて。


就職活動へのアドバイス
最初は、ひとつの考えに固執することなく、実際にいろんな会社に足を運んで、いろんな人の話を聞いてみてください。そうすることで、自分でも気づかなかった真の軸が分かるかもしれません。自分にピッタリと合う会社に出会うかもしれません。
就職活動は、とにかく動いて、自分自身と本気で向き合い、考える時間を多く取ることが大切だと思います。


学生さんへのメッセージ
今を思いっきり楽しんでください!
思いついたこと、やりたいと思ったことは、迷わずどんどん行動してみてください。
たくさんの経験を積んで、たくさんの思い出をつくってください。