長谷川 紗織

長谷川 紗織(はせがわ さおり
流通営業グループウェブセールスプロモーションチーム




お客さまへのメッセージ
お客様に心から喜んでいただけることを第一に考えています。
住まいというお客様の夢を形にするお手伝いを、全力でさせていただきます!

■出身地/福井県
■出身校/大阪外国語大学
■資格/宅地建物取引士、高等学校教員免許
■趣味/読書
■特技/雪かき


思い出のお客さま



私の宝物
大学入学時と就職を機に母からもらった2通の手紙です。
誰よりも私のことを応援してくれる母。読み返しては元気をもらっています。

写真は、母からもらった手紙。


好きな言葉
「意思あるところに道はできる」
就職活動中にもらった言葉です。何事も自分次第だと思えるようになりました。


現在の仕事内容
伊丹市を中心に、仲介営業をしています。お住まいをご購入されたい方とご売却されたい方をつなぐ仕事です。
物件をただご紹介するのではなく、そのお客様にとっての一番の物件というものを見つけて頂けるよう、ご提案させて頂きます。



学生時代
2004年のスマトラ島沖地震・津波で被害を受けたインドネシア・アチェの人々を支援する団体に所属していました。
年に2回現地を訪れ、現地の小学校で日本の小学生との手紙交換プログラムを行ったり、NGOを訪問したりしました。
活動を通じて得られた出会い・経験は、私にとってかけがえのないものとなりました。

写真は、インドネシアにて。


入社動機
仕事を通じて誰かに心から喜んでもらいたい、人の心に残るような仕事がしたい、という思いから、住まいづくりに興味を持つようになりました。
ウィルは、セミナーやOG訪問等で出会う方達が皆、仕事にやりがいがあって、夢があって、本当に楽しそうに話をされていました。仕事内容ももちろんですが、私も仕事を通じてそんな風に面白い人生を送りたい、それを同じように感じ合える仲間がいるウィルの環境で働きたいと思い、入社しました。



最も嬉しかったこと
努力した分の結果が出たときです。
しかし、まだまだ嬉しいことはこれからだと思っています。日々努力して、今後もっともっと嬉しいことを増やしていきたいです!

写真は、社内行事にてロープレ大会1位の表彰を受けたとき。


最も辛かったこと
自分の単純なミスのせいで、お客様に大きな迷惑をかけてしまったことです。
その方の人生を左右するような仕事をしているのだということを、強く感じたのと同時に、自分の甘さ、おかしてしまったミスに、どうしようもない気持ちになりました。もう二度と、同じようなミスはしないと心に決めています。


仕事における現在の目標
「私の担当したお客様が誰よりも幸せだ」と自信を持って言えるようになることです。
そのためにはまず、お客様に信頼していただき、さまざまなご提案ができるよう、知識をつけ、人間力を磨いていきたいと思っています。


就職活動へのアドバイス
「何をしたいか」よりも「どうありたいか」が大切だと思います。
仕事を通じて自分はどんな人間になりたいのか?どんな生き方をしたいのか?就職活動はそれをじっくり考える良い機会であると思います。
どんな仕事が自分に向いているのかわからず、悩むこともあるかもしれませんが、結局はやってみなければわからない。周りのアドバイスも参考にしながら、自分が一番大切にしたい軸をしっかり持って就職活動を行ってほしいと思います。

写真は、就職活動中、当社セミナーに参加したとき。


学生さんへのメッセージ
ウィルには、自分が頑張っていることを必ず見ていてくれる人がいます。
まだまだ成長したい、負けていられないと思える環境があり、同じように感じ合える仲間がいます。
そんな環境を求めているのであれば、ぜひウィルについてもっと知ってほしいです。