田村 洋子

田村 洋子(たむら ようこ
総務・経営品質チーム リーダー





お客さまへのメッセージ
お客様に安心してお住まい探しをしていただくこと、そしてご満足していただけることを常に考え、社内で情報管理(データベースの管理・運用・メンテナンス等)を行っています。


思い出のお客さま
営業職ではありませんが、ご成約者様に取材等をさせていただく機会があります。
お住まい探しの時のこと、今の暮らしのこと…など、とても楽しそうにお話しされる姿を拝見するにつけ、もっともっとご満足いただく為に、そしてお困りの際にはすぐにサポートできるよう、情報管理という側面から、仕事の精度を上げていかなければと強く感じます。


私の宝物
「尊敬する人々」
家族・恩師・友人・職場の仲間・上司・業者様…。本当にたくさん、尊敬する人がいます。そんな方と関わる度に、自分の世界が広がり、そして自分をもっと成長させようという気持ちが生まれます。その方々と出会えたことが自分の宝物ですし、これからもそんな出会いを大切にしていきたいと思います。


好きな言葉
「凡事徹底・凡事継続」
たかが掃除、されど掃除。たかが挨拶、されど挨拶。どんなに些細なことも徹底的に行う。それを続けた先に自分の成長がある。そう思って自分に喝を入れ、日々頑張っています。


現在の仕事内容
物件検索システム・お客様の情報管理システム等、弊社独自のシステムを管理する仕事を主にしています。弊社の営業活動を支える基幹システムであるため、いつでも安全に利用できるように、そしてより活用できるように、運用・保守をしています。


学生時代
高校・大学共にバドミントン部に所属していました。部活も勉強も本気でやるから、しんどいけど楽しい!という毎日でした。苦楽を共にしたチームメンバーは、今でも大事な存在です。


入社動機
「この会社なら、とことん頑張れる」と思ったからです。
何をするにしても、やるなら納得いくまでやりたい。私はそんな性分なのですが、小学校・中学校時代に非常にやりきれない思いをしました。それは、やればやるほど「白い目で見られる」という経験です。周囲から浮かない様、やっていない振りをすることもありました。そんな自分がすごく嫌でした。
「一生懸命を笑わない」
就職活動中に届いた一通のダイレクトメールのこのフレーズに惹かれ、ウィルに出会いました。
また選考を通じて、実際にこれでもかとやり続けている社員の皆さんの姿に刺激を受け、入社を決意しました。
今は、とことんやれている…どころか、その頑張りがまだまだ足りない!と奮闘する日々を送っています(笑)


最も嬉しかったこと
「田村を信頼しているから。」
事の大小にかかわらず、このような言葉を周囲から頂いた時です。「信」じて、「頼」ってもらえる。それは、自分の仕事を評価いただいた何よりの証です。その信頼を決して裏切らないよう、そして自分の仕事の価値をさらに高めていけるよう、日々奮闘しています。


最も辛かったこと
入社してから2年間くらいです。やってもやっても、自分の至らなさばかりを思い知り、うまくいかないことの連続で、前に進んでいる(成長している)感覚はありませんでした。しかし、上司に、先輩に、仲間に支えられ、必死にやり続ける中で、少しずつできるようになりました。とても辛い時期でしたが、そこで得た「できるようになるまでやり続ける」という力は、自分にとって大きなものであると思っています。


仕事における現在の目標
夏にシステムのリニューアルを行い、今は運用面などを整理しています。現在の目標は、このシステムを、だれでも同じ温度でお客様にサービスを提供するための重要なツールにすることです。そのために、使用方法などの運用を整理し、改善し続けていきます。


就職活動へのアドバイス
多くの企業や考え方に触れ、自分を見つめなおす良い機会です。
「自分が何者かわからない」と就職活動中に混乱に陥ったときには、「良いな」と思う事象に対して「なぜ良いと思ったのか?」と考え、整理すると、自分の軸が見えてきます。この軸は就職活動のみに関わらず、これからの人生において、きっと大切な指針になるはずです。自分の宝物を探すつもりで、頑張ってください!




学生さんへのメッセージ
一生懸命を笑わない。笑うどころか、周りを見れば、自分以上に頑張り続けている人たちがいる。うまくいかなくて落ち込んでも、そのひたむきな姿を見て、「まだまだこれからだ、もっと頑張るぞ!」と思える。そんな環境が、ウィルにはあります。自分の人生、一生懸命、面白く生きたい。そう思うあなたには、ぴったりだと思います 。