領五 健

領五 健(りょうご けん
流通営業グループ西宮営業所 チーフ





お客さまへのメッセージ
私のお住まい探しのモットーは「家探しは楽しく」です。お住まい探しは、人生で最も大きな買い物ということで、苦しいこと、悩むことがたくさんあります。そんな大変なお住まい探しだからこそ、私は常に「楽しく」を心がけております。苦しいときこそ、笑って楽しく一緒に進んでいけたらと思います。





思い出のお客さま
兄です。私の仕事、お客様へのスタンスが変わったのがこの経験からです。子供が生まれ、今の賃貸は手狭になり広い家がほしい。そんな相談から兄の家探しは始まりました。兄のため、兄の家族のために本当にいい家を探したい、絶対に幸せな人生を送ってほしい。そんなことを考えつくし、家探しをしました。家を決めたのは、私の「絶対にここで間違いがないから」そのたった一言でした。お互いを信頼し合える関係、そして私自身、兄のことを考え尽くしたという自信。その関係こそが家探しをお手伝いする仕事で最も大切なことだと気付きました。そこからの私は、常にこれを心がけ、お客様に接しております。お客様が身内のように感じることも多々あります(笑)。ちなみに兄は今、私から購入した家で奥さんとかわいい息子との家族三人で幸せに暮らしております。たまに家に遊びにいくと、私に家の自慢までしてきます。

※写真は兄の家族と一緒に。


私の宝物



好きな言葉
「早さは力であり、継続は強さである」
仕事は早く、前倒しで進めていくこと、その積み重ねが自身の力になります。そして、何事も継続することはとても困難で大変なことです。しかしその継続こそが自身の強さとなっていきます。


現在の仕事内容
仲介営業の仕事をしています。売主様と買主様の間に入り、お住まいのご購入・ご売却のお手伝いをしております。人生で最も大きな買い物であるお住まいを取り扱う仕事ということで、責任はとても重大ですが、その分やりがいは大きいです。






学生時代
小、中、高とずっと野球をしていました。
大学ではその反動から毎日、友達と遊んだり、飲んだり、旅行に行ったり、遊んでばかりの学生生活でした。


入社動機
「自分が早く成長できる環境で働きたかった」
私は大学院に行っていたため大学卒の友人に比べ、2年遅く社会人になりました。社会に出てたった2年で学生の自分とは大きな差が開いたと感じていました。
自分が社会に出るにあたり、この差を埋めたい。むしろ早く超えたいという思いがありました。
ウィルには年功序列も無く、若くして責任を持つ立場になれたり早く成長できる環境があります。ここでなら自分も早く成長することができると思いウィルを選びました。
早く成長するためには、学ぶことも変化することもとても大変でしたが、結果入社4年目にして管理職になることが出来ました。

「面白い人生を送りたい」
私は小学校から高校までずっと野球をやってきました。決して野球が上手かった訳でもチームが強豪だったわけではありませんでしたが、ただひたすら毎日上手くなりたいと一生懸命努力をしてきました。一生懸命やった先には感動がありました。
大学時代には高校時代までの野球人生の反動から遊んでばかりでした。その場は楽しくても、その先に感動がありませんでした。
どうせ働くなら感動を得れるくらい一生懸命働きたい。そんな思いがウィルの仕事観と一致しました。
「何事も一生懸命行う」そんな仕事ができるからこそ、自分の求めている面白い人生が送れると思いました。




最も嬉しかったこと
新規店舗でチームMVPを獲得したことです。
新規店舗をオープンして、エリアも知らない、実績も無く、知名度も無い、そんな環境でした。
チームメンバー皆で日々努力をして実績を積み上げて行きました。
いくら動いてもなかなか結果も出ず、苦しい時期もありました。
しかし、メンバー皆で結果を出すために一丸となり、やっと獲得できたチームMVPでした。
強い志を持ち、動き続ければ目標は叶えれると実感した経験でした。

写真はチームMVP獲得時の記念撮影。



最も辛かったこと
お客様から担当者を変えてほしいと言われたことです。
自分の至らなさの積みかせねがお客様を不安にさせ、人生で最も大きな買い物を私には任せられないとのことでした。お住まい探しの責任の重さを実感した瞬間でした。この経験を戒めに、もう二度とお客様を不幸にしてはならないという思いで、日々、仕事に取り組んでおります。




仕事における現在の目標





就職活動へのアドバイス
世間にはたくさんの種類の仕事があり、そしてその何倍もの会社があります。
自分に一番合っている会社を探すことは容易なことではありません。そこで、自分がどんな人生を送りたいか。どんな人間になりたいか。そんなことを考えていると、少しだけでも自分の進む道が見えてくると思います。「こんな人になりたい」そう思える人がいる会社ならきっと自分に合った会社だと思います。



学生さんへのメッセージ