山下 剛

山下 剛(やました たけし
プロジェクト販売チーム チーフ





お客さまへのメッセージ
「マイホームを購入する」ということは、人生の中で非常に大きなターニングポイントだと思います。大それたことかもしれませんが、出会うお客様全ての人生に少しでも関わりたい!という思いで仕事をしています。そんな記憶に残る人間でありたいと思っています。

■出身地/三重県名張市
■出身校/同志社大学
■資格/宅地建物取引士
■趣味/スポーツ観戦
■特技/プラモデル製作



思い出のお客さま
初契約のお客様です。右も左も全くわからなかった新入社員の頃、「本当によい物件を購入していただきたい。」という思いだけで行動し、ご購入いただけたときは本当にうれしかったです。上司にも同僚にもたくさん迷惑をかけましたが毎日毎日、通い続け、最後に思いが通じたことを今でも思い出してはうれしくなっています。


私の宝物



好きな言葉
「過去は変えられないが、過去の評価は変えられる。」
学生時代、何かに打ち込んだ経験もなく、ただなんとなく過ごしていた私ですが、社会に出てからは出来ないことだらけ。それがコンプレックスとなっていました。「もっと頑張っていれば・・・」「あの時、こうしていれば・・・」とたくさんの後悔をした記憶があります。ですが、この言葉に出会ってから、「今の自分の行動が未来を作ると同時に、過去の自分の評価を変えるんだ。」と考えるようになり、その思いが仕事へのモチベーションとなっています。


現在の仕事内容
新築物件の販売を行うチームのマネージャー兼営業をしています。モデルハウスにご来場されるお客様へ物件のコンセプト説明やお住まい探しにおけるご提案等を行っています。また、新規物件の企画会議に参加し、プロジェクト企画チームとともに新しい物件を作り出す仕事もしています。お客様のお住い探しの最良のパートナーとなれるよう、課員と共に日々試行錯誤しています。



学生時代
一日中CDショップに入り浸ったり、漫画喫茶で漫画を読み漁ったりと、好き勝手に過ごしていました。大学も友人と遊ぶためだけに通っていたようなものでした。また、友人と「夢創りサークル」というサークルを創設し、知っている人、知らない人に関わらず、いろんな人にあの手この手のサプライズを用意し喜ばす、という活動を主にしていました。そして喜ぶ人たちをみて、自分も喜んでいました。就職活動中は常に変なサークルといわれ続けていました。ちなみに現在は活動休止中です。


入社動機
父親が警察官だった影響から「人から感謝される仕事に就きたい」という思いは漠然とあったのですが、さらに「自分が面白いと思える人生を送りたい!」という希望もあり、なかなか思い通りの職種を見つけられずにいました。そんなとき、友人の紹介でウィルの説明会に参加し、働いている社員の言葉、表情から「ここでならその環境がある!」と(直感で)思い、入社を決意しました。


最も嬉しかったこと
個人MVPを獲ったことです。
表彰されたことでようやく会社からの期待にひとつ応えることができたと実感しました。
本当に今までやってきたことが報われたような気がしてうれしかったです。


最も辛かったこと
「君では話できないから上司を出してくれ」と言われたこと。自分の失敗を自分では責任を取れないことが非常に悔しかったです。


仕事における現在の目標
お客様はもちろん、課員を幸せにできる管理職として成長することです。



就職活動へのアドバイス
就職活動で最も大事な言葉、「本当の自分を見つけること」。これに尽きると思います。中途半端にたくさんの会社を回るよりも、「本当の自分が、本当に仕事をしたいと思える会社」を見つけるために、たくさんの時間をかけて自分を見つめなおしてみてください。


学生さんへのメッセージ