竹内 文子

竹内 文子(たけうち ふみこ
流通営業グループ川西営業所




お客さまへのメッセージ
一人ひとりのお客様に対して「当社にご来店頂いたからには、理想のお住まいを手に入れていただきたい」という思いがあります。
ご来店頂いたとき、家をご購入いただいたとき、そしてご購入後・・と様々な場面で、「ウィルにして良かった」とご満足いただけるような不動産屋でありたいと思います。全ての方にそう思っていただけるよう、日々、様々な角度から「どうすれば、よりお客様に喜んで頂けるか?」を考え、良くしていきたいと思いますので、どうぞ皆様、一度ウィルに足を運んでみて下さい。


思い出のお客さま
全てのお客様が私にとって大切で、お一人おひとりに色々な思い入れと、さまざまな思い出があります。
そのなかでも、昨年のクリスマス、数回目のご来店をいただいたお客様のことは今でもよく思い出します。そのお客様には3歳の女の子がいらっしゃいまいた。元気いっぱいで賢くて、でも少し照れ屋さんな子で、いつも何時間も一緒に遊んでいました。ある日、折り紙でサンタクロースと指輪を作ってきてくれました。最初は黙って隅に置いていたのでプレゼントだとわからず、「これ○○ちゃんが作ったの?すごいね!!」と言っていたのですが、帰られる時になってお母さんが「明日おねえちゃんにあげるって言って、昨日一緒に作ったんですよ。この子、照れ屋で何も言わなかったみたいで・・・」と教えて下さいました。このご一家と出会ってから、「一緒に来店されるお子様が、毎回うちに来る事を楽しみにしてくれるようであって欲しい」と思いながら接客をしていました。


私の宝物
「感謝状」
以前、同じチームの皆さんから頂いたものです。毎朝起きたらこの感謝状を見て「もっとチームに貢献したい」という気持ちを高めて出社していました。


好きな言葉
「具体的に何かやれば、具体的な考え方が出てくる」
上司から教わった言葉で、考えはしてもなかなか動き出さなかった私の、今の行動指針です。何か悔しいと思うこと、自信を無くして落ち込むこと、腹の立つことがあっても、そこで感情に流されたり、立ち止まっていては成長は無い。だから、すぐに切り替えて、その状況を変えるために具体的に動きだすしかない。一つ動いてみることで、少しその言葉の意味が理解でき、また一つ動いてみようと思い始める。そんなことを繰り返している日々です。


現在の仕事内容
営業所で来店されたお客様をお出迎えしたり、お飲み物をお出ししたり、お子様と遊んだりする営業事務の仕事をしています。


学生時代
4年間、大学祭の実行委員でイベントを企画する部署にいました。
自分のやりたい事が少しずつ形になり、本番でたくさんの人がイベントに参加してくれた時に、「自分が頭の中で考えていた事が、現実のものとなり、多くの人が自分の考えたイベントを楽しんでくれている」という事に面白さを感じました。又、大掛かりなイベントを皆で成功させた時に、全員で味わう「達成感」というのは、言葉では言い表せないものでした。


入社動機
私は自分に対する劣等感が強く、このままの自分で終ってしまっては後悔すると思っていました。
不器用で、何事をするにも人より時間のかかる人間なのですが、それでも「成長したい」。
そう思っていた時に「一生懸命を笑わない会社」というDMが私の目に飛び込んできたのがきっかけでした。


最も嬉しかったこと
「入社以来初めてチームMVPを獲得したこと」
それまで、納会で他チームが表彰されるのを見るたびに、悔しい思いをしていました。日々、それぞれの思いを持って走り回っている営業マンと仕事をし、自分自身もチームを思って仕事をしているのに、自分のチームが評価されないという悔しさが、積もっていきました。そんな中、2006年の人事異動で新しいチームに配属されました。配属初日、上司の「絶対一位獲るぞ」という言葉に胸を打たれ、営業マンが寝る間も惜しんで3ヶ月間頑張って業績を上げてくれて、自分自身もチームに貢献したい一心で動き、最初の上司の言葉通り、本当にチームMVPを獲得しました。
欲しくて仕方がなかったチームMVPを獲得して、表彰を受けたときに心の底から感じたこと、それは周囲の皆に対する「感謝」の気持ちでした。


最も辛かったこと
新規店舗のOPEN準備に携わる機会がありました。
自分を成長させるチャンスだと思っていたのですが、実際の私は、キャパが小さく、知識も無く、対応力も無く、OPEN準備を成功させるどころか、自分のチームの通常業務すら回せない状態でした。自分のチームの皆に迷惑を掛けている事を日々感じ、わかっているのに状況を改善できない自分に本当に情けない思いをしました。それを通して、「自分は、自分が思っている以上にずっと小さく、自分が思っている以上に何もできず、自分が思っている以上に失敗をする」という等身大の自分を思い知りました。


仕事における現在の目標
購入前から購入後までの全ての場面で、お客様に今よりもっと喜んでいただき、今よりもっとお役に立てるような会社にしていくことです。


就職活動へのアドバイス
「○○になりたい」「こんな仕事をしたい」と最初から限定してしまわず、「どんな人生を送りたいか」と考えたときに、その方向と合っている会社の話をどんどんと聞きに行ってみるのが良いと思います。


学生さんへのメッセージ