神野 正和

神野 正和(じんの まさかず
流通営業グループ江坂営業所 次長





お客さまへのメッセージ
相場、地域性、資金計画、税務等など不動産に関する見識を日々磨き、顧客の立場に立った上で、不動産仲介営業のプロとしての意見をお伝えしていきたいと考えています。また、所員全員で高いレベルの営業ができるよう指示、指導、管理を心がけます。所員一同、宜しくお願い申し上げます。


思い出のお客さま



私の宝物
「仕事」です。
帰りが遅い日が続いたりもします。風邪をひいてもでることもあります。もっと辛いことも多く、そして厳しいことも多く、思い通りいかない事も多いです。それでも私はこの仕事を通して、目的を共有する仲間と出会い、多くの顧客とも出会い、信頼してくれる部下たちと出会いました。そしてさらには自分の頑張りで社会貢献をもできようかという立場にいます。素晴らしいと思います。仕事を心から大切に思います。


好きな言葉
『「今何が無いのか」でなく「今何があるのか」で発想すること』
会社の上役からいただいた言葉です。前向きで、潔く、正しい言葉だと思い、自分の仕事の指針としています。


現在の仕事内容
江坂営業所にて、チームマネージャーをしています。

仲介とはお住まいを購入される方と売却される方の仲人役。お客様のご希望の物件のご紹介・ご案内、もしくはご売却のお手伝いをします。その営業チームのチームリーダーの立場にあり、日々、報告・連絡・相談を受け、部下指導を行っています。

部下の人生を預り、お客様の人生の重みを感じ、日々仕事をしています。


学生時代
とにかくアルバイトに燃えた4年間でした。全国チェーンのファミレスでのアルバイトで、忙しくやりがいもありました。しかし、どこまでいってもアルバイトはアルバイト。「仕事にもっと懸けたい!」この思いがウィルへの入口になりました。


入社動機
就職活動には主に2つの軸がありました。
「信頼できる仲間と仕事がしたい」、そして「できるだけ難しい仕事がしたい」です。

前者の価値観については、ここで語るには限界があるのですが、自分が育ってきた環境もあるかもしれません。
それに、同じ会社にいれば、大きな意味では、利害関係が一致します。どうせならこの人と頑張りたい、そう思える仲間と働きたいと思っていました。
これは気持ちよく仕事をするため、自分が最高のパフォーマンスを発揮するための条件です。

後者につきましては、高校生の時からアルバイトに明け暮れていました。多くの職種、職場を体験しました。
若い時ですから楽な仕事がしたいという価値観に流されたこともあります。でもその経験のなかでいつしか、
「難しければ難しいほど仕事って楽しいんだ」という価値観が醸成されました。
アルバイト時代の人間関係や職場環境に恵まれたのだと思います。

そしてウィルの仕事、未来、現状、社風などを知るなかで「なるほどここなら、、、」と思い入社を決めました。
なかなか上手くいかないことも多いですが、気のおけない仲間たちと日々奮闘中です。

写真は内定者懇親会にて。


最も嬉しかったこと
営業所の担当者、営業事務、そして営業所長として一年生の私、全員が一年生という状況で社内でトップになりました。社内の評価を大きく裏切る結果が出せたことを、そして本当に毎日毎日頑張った皆のことをとても誇りに思いました。


最も辛かったこと
入社当初ですが、取引を失敗しかけてお客様にご迷惑をおかけしたときです。お客様から上司あてに「彼を叱らないでほしい」と電話がかかってきました。お客様の温かい気持ちが嬉しく、また自分が情けなく、涙が止まりませんでした。人生でとても大きな意味を持つ「家を買う」というイベントでお客様にいやな思いをさせてしまい、あんな思いはもう二度としたくない、と思い続けてここまで来ました。私はお客様に育てられたと強く思っています。


仕事における現在の目標
どこよりも結果を残す営業所を創り、自分のもとから次の管理職や営業リーダーを多く育てたいです。その過程でより多くの達成感・より多くの喜びを皆と分かち合い、その結果として自分は次のステージへ進み、グループを統括する人間になりたいと思っています。


就職活動へのアドバイス
いきなり多くの会社をめぐるよりも、自分と向き合い、就職というものへの自分の見識、見解、価値観をまずは持つことだと思います。そして自分と1社1社照らし合わせるように、自分の働くイメージをしながら、濃い会社訪問、または濃い採用試験を受けて頂きたいと思います。なんとなく回った10社よりも、真剣に話を聞いた1社のほうが自分にもたらすものも大きいと思います。

写真は社員旅行で訪れたバリにて。


学生さんへのメッセージ
ウィルには、ある時点まで成長すれば、必ず次なるステージが用意されています。環境は人を育てます。今、私は管理職として、再び1年目のように常にいっぱいいっぱいの状態で仕事をしています。ウィルでは皆がそれぞれのステージで、そんなギリギリの状態です。
「望むところだ!」「成長したい!」と思う人にはぴったりの会社だと思います。