山本 恵吾

山本 恵吾(やまもと けいご
販売チーム 部長





お客さまへのメッセージ
お住まい探しは、人生の中でビッグイベントのひとつになります。そんな大切なイベントを、私たちはお客様の立場に立って、誠心誠意ご対応させていただきます。「自分の住まいを見つける」これは本当に楽しいことです。思い出に残る、記憶に残る、そしてずっとお付き合いさせていただける存在でありたいと考えております。皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。


思い出のお客さま
どのお客様も全て心に残るお客様です。でもよく振り返ってみると、お褒めくださったお客様より、お叱りくださったお客様の方が心に残ってます。今の私を作っている糧ですから。


私の宝物
会社の仲間です。今の私があるのは、私を取り巻く仲間がいたからこそであり、私一人では何も出来ません。そんな仲間のことをだれよりも幸せになって欲しいと思ってます。これからもずっと大切にしていきたいです。


好きな言葉
「いつも心に太陽を持て、唇に歌を持て」
どんなに苦しいことがあろうともいつも心は熱く、とてつもない困難が降りかかろうとも、もう誰もがダメだと思ってしまいそうになるときこそ、歌を歌い、自分自身を、そして周囲を元気づける人間でありたいと思ってます。


現在の仕事内容
ディベロッパー様と新規現場についての打ち合わせや現在販売している物件の販売戦略の企画、提案、現場の管理、営業マンの育成など、様々な仕事を行っておりますが、どれをとっても非常に大きな責任が懸かっていますので、本当にやりがいがあります。


学生時代
その時は充実した毎日を過ごしていると自分では思っていましたが、後で振り返ってみると本当に中途半端な学生生活だったことに気づきました。その反動が今来ているのではないかと自分では思っています。


入社動機
学生時代にサークル活動などはしていました。自分の中では毎日楽しく、充実した日々を送っていると思っていました。しかし、そんな私の横で、部活に熱中している友人がうまくいかず、悔し涙を流している姿を見て、そんな本気の涙を流したことが無い自分に気づき、本当に惨めな気持ちになりました。その日以来、中途半端な自分が嫌で、本気で何かに取り組みたいという思いがずっとありました。そんなときに「会社設立はや27日」という見たことのないキャッチコピーがあったこの会社と出逢いました。当時、社員数10名足らずという規模だったにも関わらず、「10年後には社員数は100人にする。これから一緒に会社を創って行こう」という言葉をそのまま鵜呑みにし、腹を括って入社しました。自分がその成長の立役者となるのだという強い思いを持って。気づけばその当時話していた通りに・・・。


最も嬉しかったこと
その都度その都度、もうこんなにうれしいことはない!!と思ったりするので悩みますが、初めて営業で1位を獲ったときは人前でぼろぼろ泣きました。ずっと思い続けてやっと達成したときの感動は今も忘れません。


最も辛かったこと
努力と結果が結びつかないときは本当に辛いです。ここまでやっているのになぜ?と思うことがあり、いつもその連続です。そのたびに、もう一歩だけ前に進んでみよう、あと一回だけ頑張ってみよう、そう思って今日まで進んできました。


仕事における現在の目標
上場会社として、世間を知り、もう一皮剥けたいです。販売会社としての仕事を通じて、ウィルが社会でどのような役割を担うべきなのかを常に忘れず、常に必要とされる新しい価値を生み出してまいります。そうしてディベロッパー様、お客様から必要とされる存在であり続けたいと思います。そんな毎日を過ごし、大切な仲間達と一緒に幸せな人生を送りたいと思います。そのために今ある問題点を一つずつ、改善していき、それと同じくして新しいことにどんどんチャレンジしていきます。


就職活動へのアドバイス
私は、もともと不動産の仕事がしたいと思っていたわけではありません。「ああ、この人たちとなら面白い人生が歩めるかも・・・」と思って入社したら、そこがたまたま不動産でした。何がしたいか?ということもさることながら、誰としたいか?も大事だと思います。自分が一体何者なのかを知ること、そしてその会社がどんな会社なのかを深く知ることは本当に大事です。


学生さんへのメッセージ
私たちの会社では、器用か不器用かはそれほど重要ではありません。本気になれるかどうかが、重要なのです。