綾田 誠治

綾田 誠治(あやた せいじ
流通営業グループ宝塚本店




お客さまへのメッセージ
お住まい探しが初めての方も、お買い替えの方も、皆さんに安心してお住まいをご購入いただけるように頑張ります。プロとして、信頼できる営業をモットーに、お手伝いいたします。

出身地/大阪府豊中市
出身校/大阪府立箕面高校→同志社大学
資 格/宅地建物取引主任者
趣 味/釣り・フットサル・コブクロのライブ・野球(観戦)・食事
特 技/料理・ナビや地図がなくても、どこでも運転できる・カラオケ


思い出のお客さま
入社して3年目、新築戸建をご購入いただいたK様。購入後、数ヶ月で買い替えの相談にこられた。理由は「もっといいのがあったから・・・」。しっくりいかず、さらに理由を聞くと、前面の道路に明け方4時頃に毎日トラックが走り、うるさくて眠れないとのことだった。近くに倉庫があり、毎日その時間帯に出荷作業が行われていたのが原因。契約前の案内ではわからないことであった。倉庫の責任者の方に、作業時間の変更などを相談したが、相手にもされなかった。お客様と話をし、買い替えを決定。査定をすると、購入時より500万円以上も値下がりした額。怒られるかなと思いながら話をしていると、お客様より、「仕方ないなぁ。頼りにしてるから頼むで」と言われた。無事に自宅の売却も済み、次の物件も私からご購入頂いた。たった数ヶ月で500万円以上の損をしたうえに、仲介手数料も全てきちんとお支払いいただいた。最後に「ありがとう。満足できる家が見つかってよかったわ」と言われたときは本当にうれしかった。


私の宝物
お客様や同僚(仲間)から頂いた、喜びの言葉や、苦言など、全ての経験が、今の自分を作っているので、それが宝物のような気がします。


好きな言葉
「有言実行」
言ったことは必ずやり遂げる。もしできなければ本当に格好悪い。なにかに取り組むとき、自分を追い込んでやると、限界を超えたパワーを発揮できる。初めて一番になったときが、まさにそうだった。「自分は○○になります!」「自分は○○します!」と、どんどん周りに伝えることで、もっともっと自分を磨きあげたい。


現在の仕事内容
流通営業グループ豊中営業所に所属。豊中市内の物件を中心に、マンション・戸建て・土地の仲介をさせて頂いております。ご購入、ご売却ともに全力でサポートさせていただきます。


学生時代
学生時代はサッカーに明け暮れる毎日でした。高校までは部活として、大学ではサークル活動としてサッカーをやっていました。勉強のほうはあまり好きではありませんでしたが、3回生までにゼミ以外の単位を取得し、4回生は毎日アルバイト生活。お金ができたら、遊びに行く。そして、またバイトするの繰り返し。今、考えると、楽しかったけど、もっと何かできたような気がする。もったいないような気がします。


入社動機
大学時代に就職活動をし、内定ももらっていたが、なんとなく合わないような気がして辞退。フリーター生活に入る。1年半位、仕事を探しながら、バイトに明け暮れていた。たまたま参加した「就職フェア」でウィルに出会う。当時、社員も十数人程度の会社だったが、面接で話をして頂ける社員すべての方が生き生きと仕事をしているのを感じ、皆が「日本一の会社にする」と言っているのを聞いて、半信半疑の気持ちもあったが、自分もここで頑張ってみようと思い入社。会社の規模とか、安定とか、そんなことは一切気にせず、自分が働く場として、「自分に合うかどうか」を重視した。


最も嬉しかったこと
やっぱり、はじめて「1位」になったとき。入社して3年目だった。それまではパッとしなかったが、「絶対に1番になる!」と決めて、結果が出たことが本当にうれしかった。当時、契約して頂きましたお客様も、一緒に喜んで頂いたりして、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。それ以来、「何事にも1番」と本気で思うようになった。



最も辛かったこと
「クレーム」。少しのミスや怠慢がお客様に大きな迷惑をかける。お客様に怒られることほど辛いものはない。喜んでいただこうと頑張って築き上げた信頼が全て打ち消される。信頼を築くのには時間がかかるが、失った信頼を取り戻すのにはそれ以上。一つひとつの出会いの大切さを学んだのはもちろんのこと、そこから生まれるもっと大きなものを身にしみて学んだ。「時間を守る」「約束を守る」など、ウィル文化を実行して、もっと多くのお客様に喜んでいただきたいと思う。


仕事における現在の目標
不動産を通して、1組でも多くのお客様に幸せや喜びを感じてもらえるように頑張っています。私たちの仕事は、お客様の満足がないと成り立たないので、まずはお客様の笑顔を見れるように頑張っています。
1組1組、ウィルのお客様を増やしていくことで、ウィルという会社をもっと知ってもらえたらと思って、仕事に取り組んでいます。



就職活動へのアドバイス
結局のところ、会社なんて入ってみないとわからないことが多い。自分がそこで楽しく頑張れるかどうかが、もっとも大切だと思うが、就職活動中にどんなに詳しく丁寧な説明を聞いても、それに確信が持てるわけではない。社員の話を聞いて、ここだと思うところに飛び込むしかない。そして、どこに就職するにしても、選んでもらうのではなく、自分の選択を信じて、自分が選ぶことが大切だと思う。


学生さんへのメッセージ