ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
Case06 C様(30代 ご夫婦+お子様2人)
自分たちの本当のこだわりを中古×リフォームでつくる。

この家での暮らしとこれからの夢
ご主人様
以前に住んでいたマンションは新築で買いました。竣工の一年前のタイミングだったので、立地と図面は見ましたが、最終形はイメージしきれていませんでした。まぁ終の住処じゃないし、正直軽い気持ちで決めたところはありましたね。 で、実際に住んでみて、概ねズレはなかったですが、所々不満な点もありました。そんな経緯もあり、今回は建っているものを確認して、たとえば2階からどんな眺望なのかも見たりしてから、最終形をイメージした上で買おうと思っていました。
そういう意味で、「中古を買ってリフォームする」というのは僕らにすごく合っていたと思います。
奥 様
全部吐き出して、その中で何が重要なのかを判断していく。それも家探しの一部なのかなと思います。「あれもこれも」となるかもしれないけど、「本当に自分たちに合っているのか?」「自分たちのこだわりは何なのか?」を見極めていく作業は決して無駄じゃないですよ。
27
開放的な吹抜けの玄関ホール。2階の腰壁はロートアイアン

ご主人様
今回はじっくり選んだし、いろんなものをいっぱい見て回りました。見るだけ見たから納得して買えたのかなと思います。そういう意味では「納得してから買いましょう」とアドバイスさせていただきます。「そのためにはいろんなものを見た方がいい」と。僕たちも最初は新築志向だったのですが、全然違うゴールになりました。もしかしたら自分が思っているこだわりはこだわりじゃないのかもしれないわけです。

よく、妻が「清水さんと戦っている気分だ」と言っていました。清水さんが恐る恐るプランを出して、悩んで、調べて、こちらがカウンターパンチを出す。そんな連続でした。ドアや窓、土間、庭、キッチン・・・それぞれ、あれもこれも、悩みました。そんな清水さんとのやり取りが楽しかったです。
おそらく最大級にややこしい顧客だったと思いますよ(笑)。それは、家探しの場面でも、リフォームの打合せや設計の場面でも、ファイナンシャルプランの場面でも、施工の場面でも。でも、ウィルさんなら必ず満足いく家をプロデュースしてくれると思います。
28
ドアや窓、土間、庭、キッチン・・・、どれもこれも悩んで、調べて、戦って(笑)、じっくり選んで納得して決める。「家づくり」の過程を思う存分楽しまれたお客様。多くの事を学ばせていただきました。ありがとうございます。現場でのお客様の姿が忘れられません。(清水)
※写真は、ご主人様と職人さん(施工中の現場にて)

奥 様
住宅展示場を見学していたあのとき、「ま、日本の家ってこんなものなのかな・・・」と諦めなくてよかったです。ネットでウィルさんを見つけてよかったです。家探し担当の田中さん、リフォーム担当の清水さん、設計担当の大松さん、ファイナンシャルプラン担当の吉田さん、施工担当の寺北さん・・・皆さんに出会えて本当によかった、そう思います。
29



メールでのお問合せ

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。