ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
Case06 C様(30代 ご夫婦+お子様2人)
自分たちの本当のこだわりを中古×リフォームでつくる。

自分たちで作るリフォーム
08
お庭を見ながらお料理できるキッチン
09
お庭に出る扉は、観音開き
10
浴室・トイレは、廊下を挟んで
11
土間があって、和室は離れのように
12
元々あった雪見障子を利用しました
奥 様
「自分たちがどこにこだわりがあるのか」が見えていなかったので、まずはその「こだわり探し」でしたね。 私の中で「庭を見ながらのキッチン」や「庭に出る観音開きの扉」という漠然としたイメージはあったのですが、それをどう間取りに反映させるか、 相当悩みました。今思えば、私は間取りへのこだわりが強かったのです。たとえば、リビングから洗面室・浴室に直接行けるのは嫌でした。 廊下を挟まないと。あとは土間があって、和室は離れみたいになっているといいなぁと・・・。清水さんにもいくつか提案してもらいましたが、 結局自分で考えないと納得できませんでした。清水さんは、こちらの希望を実現できるように色々とアイデアを出してくれました。
13
ご主人様
そうこうしているうちに、二人で雑貨屋さんとかで気に入った扉を見つけてきて、アンティークに目覚めたわけです(笑)。 前から好きだったのですが、「お金を出してまで買うだなんて・・・」と思っていたのです。でも探せば、意外に古いドアって売っているのですね。 最初、アンティーク“風”でいいと思っていましたが、“風”じゃなくてアンティークがよかったってことに気づきました。
清水さんにはグラシアニ邸にも行ってもらいましたし、池田市や亀岡市など、「アンティーク放浪旅」にも出てもらいました(笑)。 僕自身も、出張で東京に行くときには、目黒や北千住などのアンティークショップを回りました。
14
営業マンもアンティークショップ放浪旅に
※写真は、池田ロンドンクラシックス

例えば、窓は上げ下げ窓タイプがよかったのです。アメリカやヨーロッパの家には当たり前にある、あの窓、実は日本のメーカーにはなかなかないのですよねぇ。しかも、窓に格子が入っているものとなると、皆無に等しい。 で、「しみっちゃん、窓はネットで買うで。」「そういや、ネットで、洋風のドアも安いのを見つけたからそれも買っていい?」「フローリングは朝日ウッドテックのライブナチュラルシリーズのカリン材がいいのだけど、買っとくで?」と。 清水さんは、「え、まじですか・・・あ、でも買ってください」みたいな反応でしたね。「何とか付けます」と。そんな感じで、施主支給のオンパレードになったわけですね(笑)。
15 ←格子が入っている上げ下げ窓。日本のメーカーでは、皆無に等しい
16 カリン材のフローリング。庭に面したキッチンの窓は、例の上げ下げ窓
奥 様
よくやったなぁと思いますね。でもまぁ、そういう意味では、ホントに「自分たちでつくった」って感じがします。 週末職人さんが休みのときに現場に来て、私たちが扉や階段の色を塗って帰った後、週明けに清水さん、ものすごくビックリしていました(笑)。もう自分たちでどんどんいじっていましたね。 「やりたい!やりたい!」ってなってしまって。
ご主人様
庭の木を切ったり、根を掘ったりで、手がマメだらけになりましたよ。休日に一体何をやっているのでしょうね・・・。でも、本音ではこういうことがやりたくてしょうがなかったのです。 最終的にリフォームが完成したときはもちろんうれしかったのですが、つくってるときも楽しかったですね。あとから清水さんに聞くと、「施主支給」や「施主施工」は現場での調整がたいへんで、ご迷惑おかけしたみたいですけど・・・。
17 18 あらゆる場所に、お二人のこだわりが・・・
19 段によって色の違う蹴込み板は、ご夫婦の手による塗装



C様邸のリフォーム写真は、「リフォーム事例集」へ→
メールでのお問合せ

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。