ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
Case02 K様(20代 ご夫婦)
新築マンションを超える空間を中古×リフォームでつくる。

top3
私たちのリフォーム 新築マンションを超える空間です
10
ご主人様こだわりのステンレスキッチン。レンジフードの高さなども細かく調整をしました。 11
和のテイストが落ち着く信楽焼のボウル。トイレの手洗いカウンターは奥様のディスプレイコーナー。 12 →自転車もベビーカーも楽に収納できる土間スペース付きの玄関。
ご主人様
僕たちのリフォーム希望の軸は前の家での不満だった点が基本。だから、キッチンは業務用のようなフレームキッチンを選びました。ステンレスは汚れが落ちやすくて、衛生的!このバックカウンターの作業台もすごくお気に入りです。野菜の下ごしらえをしたりするのにもとても便利。開放的で、作業台の裏側が板張りになっているので、無垢フローリング張りのリビングと一体感のある空間になっています。  
奥 様
玄関の土間スペースもこだわり空間。このスペースは、元は和室の押入だったんです。自転車スタンドを立てて、自転車もすっきり収納できるし、靴も小物類も、ベビーカーも楽々で収納できます。実は、リフォーム打ち合わせ中に妊娠してることがわかったので、ベビーカーを楽に収納できる場所を作ったのは本当に良かったんですよね(笑)。 洗面室にもたくさん棚を造り付けましたし、ユニットバスは、家のテイストに合わせたシックな色味のもの。あと、トイレの手洗いカウンターもお気に入り!信楽焼のボウルで和のテイストが出せて、和室の無いこの家のプランに満足感を与えてくれています!私、雑貨がとても好きなんです。以前の新築マンションには雑貨を飾るスペースがあまり無く、トイレにはわざわざ飾棚をつくっていたぐらいなんですが、この手洗いカウンターはとても飾り甲斐があります。  
この家での暮らしと、これからの夢
ご主人様
奥 様
家は完成しましたが、今後もライフスタイルは変わるので、どんどん家も変わっていくと思います。実験みたいですね。現に今も、子供が産まれるので「和室が欲しいなぁ…」などと話し合っています。畳で寝かせられたりできるといいですしね。今は1LDKで、将来的に2LDKに区切れるようにはプランしていますが、さらに子供が増えたら、部屋が足りない(笑)。そうしたら、LDKを縮小させるか、洋室を小さく区切って小屋のようにするか…子供が小学校低学年のうちはLDKで勉強させたり…と色々考えています。
13床材もキッチン周りのパネルもバーチ材仕上げ。
これから家を買う方へのアドバイス

家探しをするのに、『軸がぶれない』というのはとても大切だと思います。例えば、以前の不満を解消するために『最低これはしたい』という内容は何か…など。どれだけ自分たちのライフスタイルを把握してもらえているかで、提案してもらえる家って変わってきますよね。だから、ヒアリングしてもらうのって大事。あと、遥子さんにも『金額はどこまで出せるかきちんと決めることが大切』と言われていました。金額も希望も軸をぶらさないことが大事だと思います。

14



メールでのお問合せ

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。