ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
戻る
和モダンリノベーションNo.3638
所 在 地 :
大阪府大阪市
築  年:
昭和50年築
面  積:
59.9m²


価格 :
物件ー万円+リフォーム843万円
部位 :
全面




供給公社マンションでのリノベーション。
徒歩3分圏内に駅、公園、役所、図書館、買い物施設等があります。
こういった公社・公団の不動産は総じて立地条件が良いことが多いです。築40年を超えますが、空間をスケルトンリフォームで蘇えらせました。
格子など「和」のテイストを中心に、今の施主様の暮らし方を反映させたお部屋に仕上がっています。
生活環境を豊かに、且つ、生活空間を一新させる、これぞ中古×リノベーションの醍醐味ではないでしょうか。

全てはこのアクセントクロスの灰色から始まったといっても過言ではありません。灰色、ベージュ、白、全ての色の明度、彩度にこだわり尽くし、梁と柱のクロスの貼り分けにも妥協なく取り組みました。リノベーションにおいて見落としがちな家具とブラインドの色の統一感にも意識を配る施主様のこだわりに脱帽です。
天井に市松模様を導入したい。その希望はシナベニヤ板で叶いました。天井を何枚のベニヤ板で割るか悩みに悩み、最後は奇数が好きだからという理由で縦5枚×横5枚に決定。
テーマは和モダン。アクセントに縦格子、LDK一面に通した長押、天井のシナベニア、ナラの床材、梁には灰色のクロス。そして鋳物のペンダントライトとタイル。こだわりを象徴する写真となりました。
間接照明で美しく浮かび上がる市松模様が幻想的な雰囲気を醸し出します。
キッチンカウンターにタイルを貼るか貼らないか。竣工間際まで悩み続けました。最後に選んだのはサンワカンパニーの「バンピースリム」。和モダンを強調するアクセントとなりました。
光り物が好きなんです(笑)。そんな奥様のご要望を象徴する商品です。
ペンダントライトはDAIKOの「カヌレ」。鋳物の雰囲気が和モダンテイストにマッチしています。ダクトレールを使いたくないことから、取り付け位置もミリ単位で打ち合わせしました。
子供と部屋の中を回遊できるような間取りにしたい。どこにいても家族の雰囲気が感じられるよう、間仕切り壁を一切なくしました。
引き戸を開ければ、部屋中に風が心地よく吹きます。
右側の障子はリノベーション前の既存の物を転用しました。コストを抑えつつ、部屋の雰囲気を高めることができました。
床材はオーク材のオスモ自然塗装をチョイス。杉(針葉樹)と悩みましたが、キズが付きにくいオーク(広葉樹)に決めました。「京すだれ川崎」のすだれが良い雰囲気を醸し出しています。
玄関に土間を作りたい。ベビーカーも楽々入る大きさを確保しました。施主様のセンスが光る暖簾が、見せたくないものを隠す役割をしています。
センタードアはTANIHATAの「エコna格子戸」を導入しました。玄関を開ければ正面に和の空間が飛び込んできます。
格子戸に樹脂障子を貼ることで子供が障子を破る心配もありません。全体の雰囲気に合わせるためオイル塗装を施し、色合わせをしています。
風通しの良さが気に入った物件の良さを潰さないよう室内窓を設けました。この場で横になると心地よい光と風が入ってきます。旦那様が大好きな読書にも最適な空間になりました。
トイレの一番のこだわりはやはり色合わせ。特にクロスは光り物の好きな奥様の要望に応える東リの金色のクロスを選択。キャビネットの色、正面のアクセントクロス。トイレにもこだわりが詰まっています。
壁紙(東リ)。キラキラとした模様が特徴的です。
お風呂のこだわりも言うまでもなく色合わせ。ユニットバスはパナソニックのMR-X。サイズは1218と既存のものと比べて大幅にサイズアップできました。
洗面台はLIXILのL.C.。即湯水栓付きで冬場の強い味方です。吊り戸棚などを使い、空間を有効活用しています。
既存の和室の入り口。現在のリビングの障子の部分となります。
左が既存の洗面室の入り口。右は既存のリビングの入り口で、現在のTAHIHATAの障子がある場所となります。
既存のキッチン。もともとは壁付けでしたが、対面式に変更しました。
既存の玄関と洋室。洋室の一部分を玄関に組み込むことで開放的な土間空間を演出しました。
解体後の様子。完全にスケルトン状態とし、一からフルオーダーメイドで作り上げました。着工後も奥様と何度も打ち合わせを行い、互いのイメージのズレがないよう細心の注意を払い、およそ2ヶ月をかけて竣工しました。
OPEN GALLERY NEXT IMAGE
全てはこのアクセントクロスの灰色から始まったといっても過言ではありません。灰色、ベージュ、白、全ての色の明度、彩度にこだわり尽くし、梁と柱のクロスの貼り分けにも妥協なく取り組みました。リノベーションにおいて見落としがちな家具とブラインドの色の統一感にも意識を配る施主様のこだわりに脱帽です。 全てはこのアクセントクロスの灰色から始まったといっても過言ではありません。灰色、ベージュ、白、全ての色の明度、彩度にこだわり尽くし、梁と柱のクロスの貼り分けにも妥協なく取り組みました。リノベーションにおいて見落としがちな家具とブラインドの色の統一感にも意識を配る施主様のこだわりに脱帽です。
天井に市松模様を導入したい。その希望はシナベニヤ板で叶いました。天井を何枚のベニヤ板で割るか悩みに悩み、最後は奇数が好きだからという理由で縦5枚×横5枚に決定。 天井に市松模様を導入したい。その希望はシナベニヤ板で叶いました。天井を何枚のベニヤ板で割るか悩みに悩み、最後は奇数が好きだからという理由で縦5枚×横5枚に決定。
テーマは和モダン。アクセントに縦格子、LDK一面に通した長押、天井のシナベニア、ナラの床材、梁には灰色のクロス。そして鋳物のペンダントライトとタイル。こだわりを象徴する写真となりました。 テーマは和モダン。アクセントに縦格子、LDK一面に通した長押、天井のシナベニア、ナラの床材、梁には灰色のクロス。そして鋳物のペンダントライトとタイル。こだわりを象徴する写真となりました。
間接照明で美しく浮かび上がる市松模様が幻想的な雰囲気を醸し出します。 間接照明で美しく浮かび上がる市松模様が幻想的な雰囲気を醸し出します。
キッチンカウンターにタイルを貼るか貼らないか。竣工間際まで悩み続けました。最後に選んだのはサンワカンパニーの「バンピースリム」。和モダンを強調するアクセントとなりました。 キッチンカウンターにタイルを貼るか貼らないか。竣工間際まで悩み続けました。最後に選んだのはサンワカンパニーの「バンピースリム」。和モダンを強調するアクセントとなりました。
光り物が好きなんです(笑)。そんな奥様のご要望を象徴する商品です。 光り物が好きなんです(笑)。そんな奥様のご要望を象徴する商品です。
ペンダントライトはDAIKOの「カヌレ」。鋳物の雰囲気が和モダンテイストにマッチしています。ダクトレールを使いたくないことから、取り付け位置もミリ単位で打ち合わせしました。 ペンダントライトはDAIKOの「カヌレ」。鋳物の雰囲気が和モダンテイストにマッチしています。ダクトレールを使いたくないことから、取り付け位置もミリ単位で打ち合わせしました。
子供と部屋の中を回遊できるような間取りにしたい。どこにいても家族の雰囲気が感じられるよう、間仕切り壁を一切なくしました。 子供と部屋の中を回遊できるような間取りにしたい。どこにいても家族の雰囲気が感じられるよう、間仕切り壁を一切なくしました。
引き戸を開ければ、部屋中に風が心地よく吹きます。 引き戸を開ければ、部屋中に風が心地よく吹きます。
右側の障子はリノベーション前の既存の物を転用しました。コストを抑えつつ、部屋の雰囲気を高めることができました。 右側の障子はリノベーション前の既存の物を転用しました。コストを抑えつつ、部屋の雰囲気を高めることができました。
床材はオーク材のオスモ自然塗装をチョイス。杉(針葉樹)と悩みましたが、キズが付きにくいオーク(広葉樹)に決めました。「京すだれ川崎」のすだれが良い雰囲気を醸し出しています。 床材はオーク材のオスモ自然塗装をチョイス。杉(針葉樹)と悩みましたが、キズが付きにくいオーク(広葉樹)に決めました。「京すだれ川崎」のすだれが良い雰囲気を醸し出しています。
玄関に土間を作りたい。ベビーカーも楽々入る大きさを確保しました。施主様のセンスが光る暖簾が、見せたくないものを隠す役割をしています。 玄関に土間を作りたい。ベビーカーも楽々入る大きさを確保しました。施主様のセンスが光る暖簾が、見せたくないものを隠す役割をしています。
センタードアはTANIHATAの「エコna格子戸」を導入しました。玄関を開ければ正面に和の空間が飛び込んできます。 センタードアはTANIHATAの「エコna格子戸」を導入しました。玄関を開ければ正面に和の空間が飛び込んできます。
格子戸に樹脂障子を貼ることで子供が障子を破る心配もありません。全体の雰囲気に合わせるためオイル塗装を施し、色合わせをしています。 格子戸に樹脂障子を貼ることで子供が障子を破る心配もありません。全体の雰囲気に合わせるためオイル塗装を施し、色合わせをしています。
風通しの良さが気に入った物件の良さを潰さないよう室内窓を設けました。この場で横になると心地よい光と風が入ってきます。旦那様が大好きな読書にも最適な空間になりました。 風通しの良さが気に入った物件の良さを潰さないよう室内窓を設けました。この場で横になると心地よい光と風が入ってきます。旦那様が大好きな読書にも最適な空間になりました。
トイレの一番のこだわりはやはり色合わせ。特にクロスは光り物の好きな奥様の要望に応える東リの金色のクロスを選択。キャビネットの色、正面のアクセントクロス。トイレにもこだわりが詰まっています。 トイレの一番のこだわりはやはり色合わせ。特にクロスは光り物の好きな奥様の要望に応える東リの金色のクロスを選択。キャビネットの色、正面のアクセントクロス。トイレにもこだわりが詰まっています。
壁紙(東リ)。キラキラとした模様が特徴的です。 壁紙(東リ)。キラキラとした模様が特徴的です。
お風呂のこだわりも言うまでもなく色合わせ。ユニットバスはパナソニックのMR-X。サイズは1218と既存のものと比べて大幅にサイズアップできました。 お風呂のこだわりも言うまでもなく色合わせ。ユニットバスはパナソニックのMR-X。サイズは1218と既存のものと比べて大幅にサイズアップできました。
洗面台はLIXILのL.C.。即湯水栓付きで冬場の強い味方です。吊り戸棚などを使い、空間を有効活用しています。 洗面台はLIXILのL.C.。即湯水栓付きで冬場の強い味方です。吊り戸棚などを使い、空間を有効活用しています。
既存の和室の入り口。現在のリビングの障子の部分となります。 既存の和室の入り口。現在のリビングの障子の部分となります。
左が既存の洗面室の入り口。右は既存のリビングの入り口で、現在のTAHIHATAの障子がある場所となります。 左が既存の洗面室の入り口。右は既存のリビングの入り口で、現在のTAHIHATAの障子がある場所となります。
既存のキッチン。もともとは壁付けでしたが、対面式に変更しました。 既存のキッチン。もともとは壁付けでしたが、対面式に変更しました。
既存の玄関と洋室。洋室の一部分を玄関に組み込むことで開放的な土間空間を演出しました。 既存の玄関と洋室。洋室の一部分を玄関に組み込むことで開放的な土間空間を演出しました。
解体後の様子。完全にスケルトン状態とし、一からフルオーダーメイドで作り上げました。着工後も奥様と何度も打ち合わせを行い、互いのイメージのズレがないよう細心の注意を払い、およそ2ヶ月をかけて竣工しました。 解体後の様子。完全にスケルトン状態とし、一からフルオーダーメイドで作り上げました。着工後も奥様と何度も打ち合わせを行い、互いのイメージのズレがないよう細心の注意を払い、およそ2ヶ月をかけて竣工しました。
図面

メールでのお問合せ
住まいさがし

ウィルは不動産もプロ。家探しも安心してお任せ下さい。

ウィルは、大手不動産会社が中心に加盟する一般社団法人「不動産流通経営協会(FRK)」の会員です。過去20年間で約7,100件以上の中古住宅の取引を行ってきました。リノベーション、リフォームだけでなく、お住まいさがしも安心してお任せ下さい。

リフォーム向きの中古住宅をさがそう! BUY:SEARCH

「購入:住まいをさがす」ページにジャンプします。

神戸市灘区 神戸市東灘区 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 伊丹市 川西市 猪名川町 豊能町 豊中市 吹田市 箕面市 池田市 摂津市 茨木市 高槻市 MOUSE OVER ACTION 阪神間-北摂の地図

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。