ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
戻る
理想の住まいを予算内で手に入れる方法No.1683
所 在 地 :
兵庫県宝塚市
築  年:
昭和58年築
面  積:
89.72m²


価格 :
物件1250万+リフォーム430万円
部位 :
玄関、リビング、和室、洋室




「自分たちが欲しいと思えるような住まいが見つからない」
よく言われる話ですが、それは当たり前です。欲しい家は作るしかないんです。
では新築でフルオーダーの戸建を造るのか。
それには建物だけで3000万円近くがかかります。
多くの方にとって、それは非現実的な話では。。。
阪急「逆瀬川駅」徒歩圏、約90㎡、かなり広めの専用庭(30坪戸建の庭より広い…!)付の中古マンションを自分仕様に仕立て直しを行い、総額1,680万円。
「リノベーションにはものすごい費用がかかる…」と思っていらっしゃるなら、それは少し思い違いかも。
400万円、も大金ですが、数十年住む家の仕立て直しの必要経費としては、納得のいく金額ではないでしょうか。このような考え方を加えると、住まい探しのストライクゾーンは大きく広がります。

青、をアクセントカラーに、コーディネートしていきました。
普通の畳部屋だった和室の畳を一段上げ、掘りゴタツと一部収納付の部屋に変更。リビングの一部としました。
今はリビングの一部として使っている南面のスペース。将来的には間仕切りを作り、個室にするかもしれないスペースです。「子供の人数と性別で考える」フレキシブルスペース。
個室入口の青と、掘りゴタツ部屋の青は近く、でも少し違う“藍”色をチョイス。和になり過ぎないよう心がけました。
縁無しの畳は、子供やワンちゃんがいても大丈夫!汚れにくい樹脂畳。色はグレーです。カウンターは比較的安価な集成材の中で、一番高価なウォルナットの集成材を。ダイニングテーブルに合わせました。
青の扉はウッドセッション社の扉。ドアノブ、ガラスなども全てチョイスしたものです。
奥のリビング入口扉はArtful Greenという色。緑のような青のような。少しくすんだ微妙で絶妙な色です。
ほんの少しでも収納を…!ということで、掘りゴタツで余ったスペースに扉だけ付けました。
1階部分である今回の住居。床材はフロアタイルを選択。無垢フローリングに見えますが、ビニール材です。汚れに強く、掃除もしやすい素材となっています。
玄関収納は、金物だけをこちらで設置し、棚板は施主様がホームセンターで買ってこられました。将来的には塗装をしようと考えておられます。この棚板を色とりどりに塗るだけで、印象が全然変わりますね。
トイレは綺麗にリフォームされていたため、今回は内装だけ。洗面室と隣り合っていたため、同じクッションフロアで仕上げました。
全然こだわられなかった(笑)浴室。最新のユニットバスは放っておいてもすぐ乾き、掃除もしやすくなっています。
「住もうと思えば…」という表現は売主さんに失礼。十分綺麗なお住まいでした。
このリフォームは“修繕”ではありません。せっかく買った家を自分仕様に改める“仕立て直し”です。
この暗く、中央にある和室をこのまま置いておいたら、きっと死に部屋になってしまう。なら、入居前に変えましょう、という発想。
OPEN GALLERY NEXT IMAGE
青、をアクセントカラーに、コーディネートしていきました。 青、をアクセントカラーに、コーディネートしていきました。
普通の畳部屋だった和室の畳を一段上げ、掘りゴタツと一部収納付の部屋に変更。リビングの一部としました。 普通の畳部屋だった和室の畳を一段上げ、掘りゴタツと一部収納付の部屋に変更。リビングの一部としました。
今はリビングの一部として使っている南面のスペース。将来的には間仕切りを作り、個室にするかもしれないスペースです。「子供の人数と性別で考える」フレキシブルスペース。 今はリビングの一部として使っている南面のスペース。将来的には間仕切りを作り、個室にするかもしれないスペースです。「子供の人数と性別で考える」フレキシブルスペース。
個室入口の青と、掘りゴタツ部屋の青は近く、でも少し違う“藍”色をチョイス。和になり過ぎないよう心がけました。 個室入口の青と、掘りゴタツ部屋の青は近く、でも少し違う“藍”色をチョイス。和になり過ぎないよう心がけました。
縁無しの畳は、子供やワンちゃんがいても大丈夫!汚れにくい樹脂畳。色はグレーです。カウンターは比較的安価な集成材の中で、一番高価なウォルナットの集成材を。ダイニングテーブルに合わせました。 縁無しの畳は、子供やワンちゃんがいても大丈夫!汚れにくい樹脂畳。色はグレーです。カウンターは比較的安価な集成材の中で、一番高価なウォルナットの集成材を。ダイニングテーブルに合わせました。
青の扉はウッドセッション社の扉。ドアノブ、ガラスなども全てチョイスしたものです。 青の扉はウッドセッション社の扉。ドアノブ、ガラスなども全てチョイスしたものです。
奥のリビング入口扉はArtful Greenという色。緑のような青のような。少しくすんだ微妙で絶妙な色です。 奥のリビング入口扉はArtful Greenという色。緑のような青のような。少しくすんだ微妙で絶妙な色です。
ほんの少しでも収納を…!ということで、掘りゴタツで余ったスペースに扉だけ付けました。 ほんの少しでも収納を…!ということで、掘りゴタツで余ったスペースに扉だけ付けました。
1階部分である今回の住居。床材はフロアタイルを選択。無垢フローリングに見えますが、ビニール材です。汚れに強く、掃除もしやすい素材となっています。 1階部分である今回の住居。床材はフロアタイルを選択。無垢フローリングに見えますが、ビニール材です。汚れに強く、掃除もしやすい素材となっています。
玄関収納は、金物だけをこちらで設置し、棚板は施主様がホームセンターで買ってこられました。将来的には塗装をしようと考えておられます。この棚板を色とりどりに塗るだけで、印象が全然変わりますね。 玄関収納は、金物だけをこちらで設置し、棚板は施主様がホームセンターで買ってこられました。将来的には塗装をしようと考えておられます。この棚板を色とりどりに塗るだけで、印象が全然変わりますね。
トイレは綺麗にリフォームされていたため、今回は内装だけ。洗面室と隣り合っていたため、同じクッションフロアで仕上げました。 トイレは綺麗にリフォームされていたため、今回は内装だけ。洗面室と隣り合っていたため、同じクッションフロアで仕上げました。
全然こだわられなかった(笑)浴室。最新のユニットバスは放っておいてもすぐ乾き、掃除もしやすくなっています。 全然こだわられなかった(笑)浴室。最新のユニットバスは放っておいてもすぐ乾き、掃除もしやすくなっています。
「住もうと思えば…」という表現は売主さんに失礼。十分綺麗なお住まいでした。 「住もうと思えば…」という表現は売主さんに失礼。十分綺麗なお住まいでした。
このリフォームは“修繕”ではありません。せっかく買った家を自分仕様に改める“仕立て直し”です。 このリフォームは“修繕”ではありません。せっかく買った家を自分仕様に改める“仕立て直し”です。
この暗く、中央にある和室をこのまま置いておいたら、きっと死に部屋になってしまう。なら、入居前に変えましょう、という発想。 この暗く、中央にある和室をこのまま置いておいたら、きっと死に部屋になってしまう。なら、入居前に変えましょう、という発想。

<1> 和室の床下収納

和室の床下収納

和室を一段上げることで、①下部が収納スペースに使える。②棚(机)を併設することで椅子の代わりとなる。③空間に変化をもたらすことができる。などなどいろいろな効果があります。


メールでのお問合せ
住まいさがし

ウィルは不動産もプロ。家探しも安心してお任せ下さい。

ウィルは、大手不動産会社が中心に加盟する一般社団法人「不動産流通経営協会(FRK)」の会員です。過去20年間で約7,100件以上の中古住宅の取引を行ってきました。リノベーション、リフォームだけでなく、お住まいさがしも安心してお任せ下さい。

リフォーム向きの中古住宅をさがそう! BUY:SEARCH

「購入:住まいをさがす」ページにジャンプします。

神戸市灘区 神戸市東灘区 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 伊丹市 川西市 猪名川町 豊能町 豊中市 吹田市 箕面市 池田市 摂津市 茨木市 高槻市 MOUSE OVER ACTION 阪神間-北摂の地図

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。