ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
戻る
壁式マンションで素材感満載のリノベーションが完成。No.2695
所 在 地 :
兵庫県宝塚市
築  年:
昭和55年築
面  積:
80.24m²


価格 :
物件1575万+リフォーム1000万円
部位 :
全面




壁式マンションはリノベーションに不向きである。
この話題はリフォーム雑誌などによく謳われています。
今回の事例はそんな不動産とリフォームを総額2500万円で実現された事例です。
エリアや駅からの距離、環境など、いくつかのご条件を整理して、たどり着いたのが今回のマンション。
しかしながら、マンションの構造が壁式構造であり、部屋内の壁が抜けず、大きな間取り変更ができない可能性がありました。
そこは発想の転換で、逆に利用し広くそしてデザイン性高く出来る方法を考えました。
そして素材感が満載のお部屋にコーディネート。
玄関は広く取り、欧米や東南アジアから輸入したドアを採用。
廊下は白く、明るく仕上げ、シューズクローク内はピンク色に。
最上階ということもあり、リビングは天井を高く確保。壁はコンクリートに直接塗装を施しました。
そんなひとつひとつを語ればキリがないリノベーションとなりました。

リビングに併設した和室コーナーは腰掛けには最適。
全体の色合いから、茶色のレザーソファを選択。(スクエア)
マンションの構造上、壁が残りますが、それが良い仕切りになっています。
アカシアの無垢フローリングを用いたあたたみのある床です。色幅や板の幅について様々な試行錯誤をしています。
高さの違う開口部。壁式構造のため、これ以上触れません。
解体した壁に直接塗装を施しています。
分譲時!?にできていたクーラースリーブ。そのまま残し、塗装しています。
リビングの壁に黒板塗料を塗ることで、お子さんが落書きをして遊べる黒板にしています。コーナーまで色を塗り、平面的ではなく立体的にも見える面白い壁です。
和室コーナー。下部は収納にしています。
カウンターの上や、側面、バックカウンターなど、ディスプレイコーナーをたくさん作ったキッチンスペースです。見せることでインテリアを形作っています。
吊戸がなく開放感がありながら、収納量も確保。
食器棚にはガラスを使わず金網を使うことで、食器を見せると同時にコストカットも実現しています。機能性とデザインを兼ね備えた収納です
金網。手作りです。
ダイニング横の壁面収納。
洗面からリビングを見た景色。
ただの廊下ではなく、抜けない壁を利用して、ギャラリースペースを作っています。全体的に白く明るい空間で、細部にもこだわりが感じられます。
解体した際に出てきた隠れた天井高を利用して、ロフトを作っています。シューズクロゼットの高さを低くしてロフトスペースにある程度の高さを確保しています。
ロフトスペース。今後、漫画がズラリと並びます。
ピンクの壁の明るいシューズクロゼットです。棚や床にもこだわり、靴をディスプレイするスタイルのシューズショップのような雰囲気の空間です。
玄関はもったいないという考えを持っていたそう。お二人とも洋服が大好きということで、まるでお店のフィッティングルームのような雰囲気の空間にしました。
玄関に並ぶ高さも幅も違うアンティーク調の扉には、見た目にまず引きつけられます。また、5つの扉には書斎・クローゼット・採光と寸法調節といったそれぞれの機能があり、デザイン性・機能性ともに考えられています。
ドアを開ければ、収納スペース。一番右のドアは洋室へ。
アーチ型の入口がポイント
寝室。安価に仕上げるため、床はシナベニヤを貼っています。
寝室→洗面室→リビングへと続く通路にもなっており、風通しが良く動線にも優れた配置です。寝室からもリビングからもアクセスできる2WAYの洗面室です。
洗面。黄色のクロスがポイント
トイレ。
リビングのビフォー。天井も低い。
廊下からリビングへ。
リビング。
洗面室。
解体後。
抜けない壁が存在します。
OPEN GALLERY NEXT IMAGE
リビングに併設した和室コーナーは腰掛けには最適。 リビングに併設した和室コーナーは腰掛けには最適。
全体の色合いから、茶色のレザーソファを選択。(スクエア) 全体の色合いから、茶色のレザーソファを選択。(スクエア)
マンションの構造上、壁が残りますが、それが良い仕切りになっています。 マンションの構造上、壁が残りますが、それが良い仕切りになっています。
アカシアの無垢フローリングを用いたあたたみのある床です。色幅や板の幅について様々な試行錯誤をしています。 アカシアの無垢フローリングを用いたあたたみのある床です。色幅や板の幅について様々な試行錯誤をしています。
高さの違う開口部。壁式構造のため、これ以上触れません。 高さの違う開口部。壁式構造のため、これ以上触れません。
解体した壁に直接塗装を施しています。 解体した壁に直接塗装を施しています。
分譲時!?にできていたクーラースリーブ。そのまま残し、塗装しています。 分譲時!?にできていたクーラースリーブ。そのまま残し、塗装しています。
リビングの壁に黒板塗料を塗ることで、お子さんが落書きをして遊べる黒板にしています。コーナーまで色を塗り、平面的ではなく立体的にも見える面白い壁です。 リビングの壁に黒板塗料を塗ることで、お子さんが落書きをして遊べる黒板にしています。コーナーまで色を塗り、平面的ではなく立体的にも見える面白い壁です。
和室コーナー。下部は収納にしています。 和室コーナー。下部は収納にしています。
カウンターの上や、側面、バックカウンターなど、ディスプレイコーナーをたくさん作ったキッチンスペースです。見せることでインテリアを形作っています。 カウンターの上や、側面、バックカウンターなど、ディスプレイコーナーをたくさん作ったキッチンスペースです。見せることでインテリアを形作っています。
吊戸がなく開放感がありながら、収納量も確保。 吊戸がなく開放感がありながら、収納量も確保。
食器棚にはガラスを使わず金網を使うことで、食器を見せると同時にコストカットも実現しています。機能性とデザインを兼ね備えた収納です 食器棚にはガラスを使わず金網を使うことで、食器を見せると同時にコストカットも実現しています。機能性とデザインを兼ね備えた収納です
金網。手作りです。 金網。手作りです。
ダイニング横の壁面収納。 ダイニング横の壁面収納。
洗面からリビングを見た景色。 洗面からリビングを見た景色。
ただの廊下ではなく、抜けない壁を利用して、ギャラリースペースを作っています。全体的に白く明るい空間で、細部にもこだわりが感じられます。 ただの廊下ではなく、抜けない壁を利用して、ギャラリースペースを作っています。全体的に白く明るい空間で、細部にもこだわりが感じられます。
解体した際に出てきた隠れた天井高を利用して、ロフトを作っています。シューズクロゼットの高さを低くしてロフトスペースにある程度の高さを確保しています。 解体した際に出てきた隠れた天井高を利用して、ロフトを作っています。シューズクロゼットの高さを低くしてロフトスペースにある程度の高さを確保しています。
ロフトスペース。今後、漫画がズラリと並びます。 ロフトスペース。今後、漫画がズラリと並びます。
ピンクの壁の明るいシューズクロゼットです。棚や床にもこだわり、靴をディスプレイするスタイルのシューズショップのような雰囲気の空間です。 ピンクの壁の明るいシューズクロゼットです。棚や床にもこだわり、靴をディスプレイするスタイルのシューズショップのような雰囲気の空間です。
玄関はもったいないという考えを持っていたそう。お二人とも洋服が大好きということで、まるでお店のフィッティングルームのような雰囲気の空間にしました。 玄関はもったいないという考えを持っていたそう。お二人とも洋服が大好きということで、まるでお店のフィッティングルームのような雰囲気の空間にしました。
玄関に並ぶ高さも幅も違うアンティーク調の扉には、見た目にまず引きつけられます。また、5つの扉には書斎・クローゼット・採光と寸法調節といったそれぞれの機能があり、デザイン性・機能性ともに考えられています。 玄関に並ぶ高さも幅も違うアンティーク調の扉には、見た目にまず引きつけられます。また、5つの扉には書斎・クローゼット・採光と寸法調節といったそれぞれの機能があり、デザイン性・機能性ともに考えられています。
ドアを開ければ、収納スペース。一番右のドアは洋室へ。 ドアを開ければ、収納スペース。一番右のドアは洋室へ。
アーチ型の入口がポイント アーチ型の入口がポイント
寝室。安価に仕上げるため、床はシナベニヤを貼っています。 寝室。安価に仕上げるため、床はシナベニヤを貼っています。
寝室→洗面室→リビングへと続く通路にもなっており、風通しが良く動線にも優れた配置です。寝室からもリビングからもアクセスできる2WAYの洗面室です。 寝室→洗面室→リビングへと続く通路にもなっており、風通しが良く動線にも優れた配置です。寝室からもリビングからもアクセスできる2WAYの洗面室です。
洗面。黄色のクロスがポイント 洗面。黄色のクロスがポイント
トイレ。 トイレ。
リビングのビフォー。天井も低い。 リビングのビフォー。天井も低い。
廊下からリビングへ。 廊下からリビングへ。
リビング。 リビング。
洗面室。 洗面室。
解体後。 解体後。
抜けない壁が存在します。 抜けない壁が存在します。
図面

<1> 壁式構造

壁式構造

壁式構造のため、壊せません。コンクリートそのものに直接、塗装を施しています。

<2> ヴィンテージ扉

ヴィンテージ扉

BUFF STOCK YARDで購入した扉。ドアノブは付けず、丁番が見えないように設置。高さが異なるドアを並べたところがこだわり。開けると、1つは洋室へ。2つは収納。2つはコート掛け。

この事例のお客様は、『イエナカ手帖』に参加されています。


メールでのお問合せ
住まいさがし

ウィルは不動産もプロ。家探しも安心してお任せ下さい。

ウィルは、大手不動産会社が中心に加盟する一般社団法人「不動産流通経営協会(FRK)」の会員です。過去20年間で約7,100件以上の中古住宅の取引を行ってきました。リノベーション、リフォームだけでなく、お住まいさがしも安心してお任せ下さい。

リフォーム向きの中古住宅をさがそう! BUY:SEARCH

「購入:住まいをさがす」ページにジャンプします。

神戸市灘区 神戸市東灘区 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 伊丹市 川西市 猪名川町 豊能町 豊中市 吹田市 箕面市 池田市 摂津市 茨木市 高槻市 MOUSE OVER ACTION 阪神間-北摂の地図

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。