ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
戻る
中古×リフォームに最適なマンションでリノベーションNo.1023
所 在 地 :
大阪府吹田市
築  年:
昭和55年築
面  積:
71.75m²


価格 :
物件1250万円+リフォーム823万円
部位 :
全面




築35年経過したマンションですが、総住戸数は700戸超。
マンションの管理は抜群に良く、北摂エリアでは有数のリノベーション向きマンションです。
和室2室、洋室1室の3LDKの間取りを、2LDKに変更。
廊下幅を拡張したり、室内に窓を設けたりして、圧迫感を感じやすい縦長の住戸のデメリットを解消するようプランニングしています。マンションの遮音規定はLL40と厳しいですが、適合する遮音材を採用し、無垢フローリングを施工しています。水回り商品だけでなく、埋設部の配管も全て一新しました。
ちなみに共用配管はマンションの大規模修繕にてすべて交換済み。安心して住んでいただくことができます。
中古×リフォームの場合、もちろん自分の家は好きに考えていただきたいですが、こういったマンションの管理が行き届いた物件をご購入いただくと安心です。

東に面したリビングダイニング。前に光を遮る建物がなく、明るいリビングダイニングです。
無垢フローリングで仕上げられています。マンションの遮音規定が厳しく、LL40の遮音規定を満たすことができる遮音材を施工しています。
元々は壁付けだったキッチンを対面配置に変更しました。位置変更にあたって、古い配管も全て一新しています。
キッチン壁面には白のボーダータイルをはっています。
キッチンカウンターには名古屋モザイクのブリックタイルを施工。表面には凹凸があり、動きがあります。
リビングダイニングキッチンは畳スペースと合わせて、20帖の広さがあります。
ダイニングキッチン。構造梁が大きいため、飾り棚を設け、梁が目立たないように工夫しました。
構造梁に取り付けた飾り棚。戸建の構造材に使用する木材を使用しており、ラフな塗装仕上げになっています。
リビング。隣は洋室、回転窓でつながっており、空気や光が行き来します。ソファはUNICOのレザーソファです。
畳スペース。本棚は作り付け。畳スペース奥はフローリングをはり、家具が置きやすいようにしています。
リビング横の洋室。床は明るい色合いのフローリング。リビングとは回転窓でつながっています。
リビングと洋室とをつなぐオリジナルの回転窓。お客様の持っている家具の色に合わせて塗装しました。
洋室と畳スペースとをつなぐ回転窓。リビング側の回転窓と同じデザインです。
リビング入口からリビングダイニングと畳スペースを臨む。
リビングドア。廊下幅が広いため、ドアの横にはスリットガラスをはめ込み、光が取り込めるスペースを増やしています。
玄関・廊下幅は元々よりも40cmほど広げ、140cmに。広々としているので、圧迫感がありません。
リビングダイニングには幅13cmの広幅の無垢フローリング。木材はメープル。明暗がありラフな印象を与えてくれる素材です。
元々のキッチンは壁付け。
床色が濃く、クロスも痛んで変色していたため、暗いリビングダイニングでした。
リビングダイニング横に合った続き間の和室。
続き間の和室の内、一室は洋室に、もう一室はリビングダイニング横の畳スペースになりました。
幅狭だった廊下。
OPEN GALLERY NEXT IMAGE
東に面したリビングダイニング。前に光を遮る建物がなく、明るいリビングダイニングです。 東に面したリビングダイニング。前に光を遮る建物がなく、明るいリビングダイニングです。
無垢フローリングで仕上げられています。マンションの遮音規定が厳しく、LL40の遮音規定を満たすことができる遮音材を施工しています。 無垢フローリングで仕上げられています。マンションの遮音規定が厳しく、LL40の遮音規定を満たすことができる遮音材を施工しています。
元々は壁付けだったキッチンを対面配置に変更しました。位置変更にあたって、古い配管も全て一新しています。 元々は壁付けだったキッチンを対面配置に変更しました。位置変更にあたって、古い配管も全て一新しています。
キッチン壁面には白のボーダータイルをはっています。 キッチン壁面には白のボーダータイルをはっています。
キッチンカウンターには名古屋モザイクのブリックタイルを施工。表面には凹凸があり、動きがあります。 キッチンカウンターには名古屋モザイクのブリックタイルを施工。表面には凹凸があり、動きがあります。
リビングダイニングキッチンは畳スペースと合わせて、20帖の広さがあります。 リビングダイニングキッチンは畳スペースと合わせて、20帖の広さがあります。
ダイニングキッチン。構造梁が大きいため、飾り棚を設け、梁が目立たないように工夫しました。 ダイニングキッチン。構造梁が大きいため、飾り棚を設け、梁が目立たないように工夫しました。
構造梁に取り付けた飾り棚。戸建の構造材に使用する木材を使用しており、ラフな塗装仕上げになっています。 構造梁に取り付けた飾り棚。戸建の構造材に使用する木材を使用しており、ラフな塗装仕上げになっています。
リビング。隣は洋室、回転窓でつながっており、空気や光が行き来します。ソファはUNICOのレザーソファです。 リビング。隣は洋室、回転窓でつながっており、空気や光が行き来します。ソファはUNICOのレザーソファです。
畳スペース。本棚は作り付け。畳スペース奥はフローリングをはり、家具が置きやすいようにしています。 畳スペース。本棚は作り付け。畳スペース奥はフローリングをはり、家具が置きやすいようにしています。
リビング横の洋室。床は明るい色合いのフローリング。リビングとは回転窓でつながっています。 リビング横の洋室。床は明るい色合いのフローリング。リビングとは回転窓でつながっています。
リビングと洋室とをつなぐオリジナルの回転窓。お客様の持っている家具の色に合わせて塗装しました。 リビングと洋室とをつなぐオリジナルの回転窓。お客様の持っている家具の色に合わせて塗装しました。
洋室と畳スペースとをつなぐ回転窓。リビング側の回転窓と同じデザインです。 洋室と畳スペースとをつなぐ回転窓。リビング側の回転窓と同じデザインです。
リビング入口からリビングダイニングと畳スペースを臨む。 リビング入口からリビングダイニングと畳スペースを臨む。
リビングドア。廊下幅が広いため、ドアの横にはスリットガラスをはめ込み、光が取り込めるスペースを増やしています。 リビングドア。廊下幅が広いため、ドアの横にはスリットガラスをはめ込み、光が取り込めるスペースを増やしています。
玄関・廊下幅は元々よりも40cmほど広げ、140cmに。広々としているので、圧迫感がありません。 玄関・廊下幅は元々よりも40cmほど広げ、140cmに。広々としているので、圧迫感がありません。
リビングダイニングには幅13cmの広幅の無垢フローリング。木材はメープル。明暗がありラフな印象を与えてくれる素材です。 リビングダイニングには幅13cmの広幅の無垢フローリング。木材はメープル。明暗がありラフな印象を与えてくれる素材です。
元々のキッチンは壁付け。 元々のキッチンは壁付け。
床色が濃く、クロスも痛んで変色していたため、暗いリビングダイニングでした。 床色が濃く、クロスも痛んで変色していたため、暗いリビングダイニングでした。
リビングダイニング横に合った続き間の和室。 リビングダイニング横に合った続き間の和室。
続き間の和室の内、一室は洋室に、もう一室はリビングダイニング横の畳スペースになりました。 続き間の和室の内、一室は洋室に、もう一室はリビングダイニング横の畳スペースになりました。
幅狭だった廊下。 幅狭だった廊下。
図面

<1> ブリックタイル

ブリックタイル

このブリックタイルはセメントを基にモルタルとレンガを混ぜてできています。部屋のインテリアに最適な部材です。外壁など屋外でも使用可能なものですので耐久性もあります。

<2> 回転窓

回転窓

室内に窓を設け、光、風、空間のつながりを演出できます。特にマンションでは両サイドがコンクリートの壁になっていて、室内間がどうしても暗くなります。そんな時はこのような窓を設置するのもいいのではないでしょうか。


メールでのお問合せ
住まいさがし

ウィルは不動産もプロ。家探しも安心してお任せ下さい。

ウィルは、大手不動産会社が中心に加盟する一般社団法人「不動産流通経営協会(FRK)」の会員です。過去20年間で約7,100件以上の中古住宅の取引を行ってきました。リノベーション、リフォームだけでなく、お住まいさがしも安心してお任せ下さい。

リフォーム向きの中古住宅をさがそう! BUY:SEARCH

「購入:住まいをさがす」ページにジャンプします。

神戸市灘区 神戸市東灘区 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 伊丹市 川西市 猪名川町 豊能町 豊中市 吹田市 箕面市 池田市 摂津市 茨木市 高槻市 MOUSE OVER ACTION 阪神間-北摂の地図

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。