ウィルの中古×リフォーム番組 CATVで絶賛放映中!
メールでのお問合せはこちら
ウィルのテレビCM
戻る
異素材を組み合わせたリフォームでファクトリーテイストを実現No.1082
所 在 地 :
大阪府吹田市
築  年:
昭和53年築
面  積:
88.32m²


価格 :
物件1400万円+リフォーム902万円
部位 :
全面




ワイドスパンが魅力のマンション。
当初は間仕切り壁を取っ払い、横長のリビングにリフォームしようと考えていらっしゃったお客様ですが、
調査をしたところ、撤去できない壁があることがわかり、プランを変更。
旧和室とリビングを繋げ広いLDKを確保し、アイランドキッチンを設置した以外は大きな間取り変更はしていません。
広くなったリビングの大部分を占める床は、無垢フローリング。やや幅広(130mm)のオーク材です。
天井電気配線のコンジット管、換気扇のダクトなど通常なら壁の中に隠してしまうものを表面に出しラフな雰囲気を演出しています。
また、リビング天井・壁の一部はコンクリートのまま。コンクリートの表面がガタついていたり、ボンドが残っていたりするようであれば、「コンクリートむき出しはナシ」とおっしゃられていましたが、綺麗な状態だったため採用されました。存在感のあるキッチンはサンワカンパニーの「グラッド45」。2013年度グッドデザイン賞を受賞した全面ステンレスのキッチンです。コンクリートむき出しの壁と無垢フローリング、ステンレスキッチンの異素材がマッチして、ちょうど良いバランスの「ファクトリーテイスト」が実現しました。

和室を無くして、広々LDKを実現。
キッチンスペースの床材はタイル仕上げ。床を組んでアイランドキッチンを実現。
LDKの主役、サンワカンパニーの「グラッド45」。オールステンレスキッチンです。
SLOW HOUSEのシンプルすぎないダイニングテーブルが絶妙にマッチ。左の扉はLDKと廊下を繋ぐ扉です。
キッチンに立つと見える景色。家族との会話が弾みそう。
天井のコンクリートとステンレスキッチン、無垢のフローリングの相性は抜群。
扉の横には収納棚を造作。アクセントになるように、背面はブルーに塗装。
南向きのバルコニーからはたくさんの陽の光が射し込む。
当初クロス仕上げの予定でしたが、綺麗なコンクリートだったのでそのままに。よりラフな雰囲気が出ました。
北側の部屋には窓を設置。採光・通風を確保できます。
電気配線が見えないように、天井にはコンジット管を。通常は壁に埋め込むものです。
梁を隠すように棚を造作。
スイッチはアメリカンスイッチ。露出ボックスタイプなのがよりおしゃれ。
玄関を入ると目の前に窓が。窓の下はシューズボックスです。
暗くなりがちな廊下も明るく、風通し良く。飾り棚もあって、一石三鳥!
廊下から。扉の材料は構造用合板。木目がラフさを演出。
廊下の天井もコンクリートむき出し。
トイレには本棚を…?
と、思いきや実は輸入クロスでした。本当に本棚があるみたいです。
トイレのドア。鍵(表示錠)にもこだわりが。
造作洗面台。タイルは好きなショップをモチーフに。
以前のリビングダイニング。キッチンは独立タイプ(左側)、和室が隣接していました。
リビングとダイニングの間には段差があり、使いにくい空間でした。
1枚目の写真と同じアングルから。別空間に生まれ変わりました。
部屋自体は綺麗でしたが、細かく区切られていて狭い印象でした。
以前の玄関の様子。
OPEN GALLERY NEXT IMAGE
和室を無くして、広々LDKを実現。 和室を無くして、広々LDKを実現。
キッチンスペースの床材はタイル仕上げ。床を組んでアイランドキッチンを実現。 キッチンスペースの床材はタイル仕上げ。床を組んでアイランドキッチンを実現。
LDKの主役、サンワカンパニーの「グラッド45」。オールステンレスキッチンです。 LDKの主役、サンワカンパニーの「グラッド45」。オールステンレスキッチンです。
SLOW HOUSEのシンプルすぎないダイニングテーブルが絶妙にマッチ。左の扉はLDKと廊下を繋ぐ扉です。 SLOW HOUSEのシンプルすぎないダイニングテーブルが絶妙にマッチ。左の扉はLDKと廊下を繋ぐ扉です。
キッチンに立つと見える景色。家族との会話が弾みそう。 キッチンに立つと見える景色。家族との会話が弾みそう。
天井のコンクリートとステンレスキッチン、無垢のフローリングの相性は抜群。 天井のコンクリートとステンレスキッチン、無垢のフローリングの相性は抜群。
扉の横には収納棚を造作。アクセントになるように、背面はブルーに塗装。 扉の横には収納棚を造作。アクセントになるように、背面はブルーに塗装。
南向きのバルコニーからはたくさんの陽の光が射し込む。 南向きのバルコニーからはたくさんの陽の光が射し込む。
当初クロス仕上げの予定でしたが、綺麗なコンクリートだったのでそのままに。よりラフな雰囲気が出ました。 当初クロス仕上げの予定でしたが、綺麗なコンクリートだったのでそのままに。よりラフな雰囲気が出ました。
北側の部屋には窓を設置。採光・通風を確保できます。 北側の部屋には窓を設置。採光・通風を確保できます。
電気配線が見えないように、天井にはコンジット管を。通常は壁に埋め込むものです。 電気配線が見えないように、天井にはコンジット管を。通常は壁に埋め込むものです。
梁を隠すように棚を造作。 梁を隠すように棚を造作。
スイッチはアメリカンスイッチ。露出ボックスタイプなのがよりおしゃれ。 スイッチはアメリカンスイッチ。露出ボックスタイプなのがよりおしゃれ。
玄関を入ると目の前に窓が。窓の下はシューズボックスです。 玄関を入ると目の前に窓が。窓の下はシューズボックスです。
暗くなりがちな廊下も明るく、風通し良く。飾り棚もあって、一石三鳥! 暗くなりがちな廊下も明るく、風通し良く。飾り棚もあって、一石三鳥!
廊下から。扉の材料は構造用合板。木目がラフさを演出。 廊下から。扉の材料は構造用合板。木目がラフさを演出。
廊下の天井もコンクリートむき出し。 廊下の天井もコンクリートむき出し。
トイレには本棚を…? トイレには本棚を…?
と、思いきや実は輸入クロスでした。本当に本棚があるみたいです。 と、思いきや実は輸入クロスでした。本当に本棚があるみたいです。
トイレのドア。鍵(表示錠)にもこだわりが。 トイレのドア。鍵(表示錠)にもこだわりが。
造作洗面台。タイルは好きなショップをモチーフに。 造作洗面台。タイルは好きなショップをモチーフに。
以前のリビングダイニング。キッチンは独立タイプ(左側)、和室が隣接していました。 以前のリビングダイニング。キッチンは独立タイプ(左側)、和室が隣接していました。
リビングとダイニングの間には段差があり、使いにくい空間でした。 リビングとダイニングの間には段差があり、使いにくい空間でした。
1枚目の写真と同じアングルから。別空間に生まれ変わりました。 1枚目の写真と同じアングルから。別空間に生まれ変わりました。
部屋自体は綺麗でしたが、細かく区切られていて狭い印象でした。 部屋自体は綺麗でしたが、細かく区切られていて狭い印象でした。
以前の玄関の様子。 以前の玄関の様子。
図面

<1> アメリカンスイッチ

アメリカンスイッチ

リビングのスイッチはトグルスイッチが2つ並んだアメリカンスイッチ。通常は壁に埋め込むスイッチボックスを露出させることで、「ファクトリー感」が増します。白いプレートとスイッチで可愛らしさもプラス。

<2> 輸入クロス

輸入クロス

まるで本棚があるように見える、だまし絵を使ったリアルなデザインクロスはフランス製。KOZIEL(コジエル)というブランドのものです。Bibliotheque(ビブリオテーク)=「図書館」と名付けられたこのクロスを壁に張るだけで、その空間が図書館に早変わりします。


メールでのお問合せ
住まいさがし

ウィルは不動産もプロ。家探しも安心してお任せ下さい。

ウィルは、大手不動産会社が中心に加盟する一般社団法人「不動産流通経営協会(FRK)」の会員です。過去20年間で約7,100件以上の中古住宅の取引を行ってきました。リノベーション、リフォームだけでなく、お住まいさがしも安心してお任せ下さい。

リフォーム向きの中古住宅をさがそう! BUY:SEARCH

「購入:住まいをさがす」ページにジャンプします。

神戸市灘区 神戸市東灘区 芦屋市 西宮市 宝塚市 尼崎市 伊丹市 川西市 猪名川町 豊能町 豊中市 吹田市 箕面市 池田市 摂津市 茨木市 高槻市 MOUSE OVER ACTION 阪神間-北摂の地図

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。