彼らの理由

ルーキー紹介します rookies

感動できる仕事がしたい!


船橋 秀一 (2012年 兵庫県立大学 経済学部 卒)


「人の心を打つ仕事」

誰かの心を打つ仕事がしたいと考え、そういったことができる会社を探していました。

自分の未熟さと
「覚悟する」ということ

様々な人との出会いから、自分の未熟さを痛感。だからこそ成長したいと思えたし、成長できる会社に入りたいと思いました。ウィルの最終面接では、「覚悟すること」を学びました。

自分を過少評価していたこと

自分自身の経験を過小評価していることに対し採用責任者に「もったいない」と言われたこと。その時もっと自分に自信を持っていいんだと気づかされました。

本気の先にあるものを見てみたいと思い、覚悟を決めた

先に内々定していた大手ハウスメーカーの面談で、内定承諾の印鑑を押すときに、迷いがありました。ただ最終的には、もしここで印鑑を押したら翌日のウィルの最終面接で気持ち良く「第一志望です」といえないと思い、捺印しませんでした。ウィルでは本気で働くことの意味を教えられ、「自分もこんな風に本気で働きたい。そしてその本気の先にあるものを見てみたい」と思い、覚悟を決めました。

幼い頃は、医者、消防士、警察官、教師。
今は、人に感動を与えられる人間になること!


「人のためになりたい」というのは今も変わっていません。一人でも多くの人の心を震わすことのできる人間になりたいです。

宅地建物試験に向けて、明確な目標を持って取り組みました。

採用担当と。

他の新人の「理由」も見てみる↓