彼らの理由

ルーキー紹介します rookies

より自分を輝かせる環境で、誇れる人になる


福村 信宏 (2012年 大阪大学 経済学部 卒)


「仲間」

当初は「企業の将来性(その企業が将来儲けていけるか)」を重視していました。しかし、就職活動を進める中で、「その会社の社員と共に働きたいと感じるか」を重視するように変化しました。

就職活動とは、「自分のこと」を決めること

それは、会社を評価する評論家になることでも、説明会に多く行って知識を蓄えることでもない、ということを学びました。
また面接を通じて、相手が自分の話のどの部分に関心を持つかを考えて話す難しさを知りました。

想定外の質問に

一次面接で予想外の質問に混乱した私は、上辺だけで内容のない話をしてしまい、面接官に全く伝わりませんでした。きれいな言葉を使ってすらすら話しても、正直な思いを伝えなければ、相手には響かないことを学びました。

「当社のような環境で頑張れば、君の人生はより輝く」

社長からの言葉です。正直、ウィルの熱さは合わないかもと当初思っていましたが、いつの間にか本音をぺらぺら喋っている自分がいました。選考を重ねるにつれ、その熱さを知り、「入社したい」という思いが強くなりました。こんな会社はウィルだけでした。

幼い頃はプロ野球選手、電車の運転手など・・・。
今は、「恥ずかしくない」大人になること。

プロ野球選手、電車の運転手など、よくある子供の夢。ただある頃から「将来とかわからへん!」と漠然と夢を聞く大人に反発していました。今思うと、夢という形で将来を決めつけて考えることが嫌で、もっといろいろなものを見聞きし、経験したいと考えていたのだと思います。
今はまだまだ未熟な私ですが、将来は奥さんや子供にも誇れるような、どこへ出しても恥ずかしくない一人前の大人になりたいです。

社内イベントのBBQ大会に参加。社員や同期と話し、共に働くことが楽しみになりました。

宅地建物取引主任者資格試験の勉強会を主催。自身はすでに合格していたので、知識定着と内定者全員合格のために企画運営しました。

他の新人の「理由」も見てみる↓