阪神間-北摂(兵庫・大阪)エリアの不動産の売却はウィル。

トラブル事例trouble

マイホームは人生でもそうない高額な買い物ですから、失敗はしたくないもの。
ここでは、注文住宅でよくあるトラブルをご紹介しています。
具体的なトラブル事例には、次に失敗しないためのノウハウがたくさん詰まっていますので、
事前対策をしておくと安心です。

よくあるトラブル事例

↓クリックすると、詳細をご覧いただけます。

事例1
「30坪、1,000万円で建築できます!」の落とし穴
事例2
坪単価が安いのには理由がある?!
事例3
オプション項目が増えて、総工費が膨らんでしまった!
事例4
関係業者との連携がとれず、手配等は全て自分がおこなうことに・・・。

事例1
「30坪、1,000万円で建築できます!」の落とし穴

<Aさんの場合>
「30坪、1,000万円で建築できます!」という広告を見て、注文住宅の打ち合わせを重ねていました。
でも実際は、建築にかかる費用以外にも、地盤調査費・仮設費用(足場・現場の仮設トイレ設置費用等)・屋外給排水工事(道路から建物までの給排水工事)・雨水排水工事・屋外電気配線工事・屋内外ガス配管工事など、合わせて別途工事費が350万円かかるということが後になって発覚。
結局予算オーバーで家づくりを断念することになってしまいました。


<ここに気をつけましょう>
ローコストのハウスメーカーでは、別途工事費が発生することが多いので注意が必要です。
ウィルでは、総費用の確認を前もっておこないますので、安心です。

事例2
坪単価が安いのには理由があった!

<Tさんの場合>
広告に掲載されている坪単価が安かったハウスメーカーで家づくりを始めることにしました。
あがってきた見積りは、広告通り安かったのですが、立面図や外観イメージを見ると、 バルコニーや玄関ポーチがない、外観も簡素、1階と2階の建坪が同じ…といった箱のような家になっていました。
バルコニーの設置や外観の意匠の相談をすると、「それは、オプション工事として扱います。」と言われてしまいました。


<ここに気をつけましょう>
広告に掲載されている坪単価は、これ以上安くつくることはできないという状態の家を標準工事として、算出されていることが多いです。
そのため、安い坪単価の場合、総2階の家(1階と2階の建坪が同じで1階と2階が同じ形状の建物のこと)限定のことがあります。
ハウスメーカーでは総2階から外れると、坪単価が上がったり、オプション工事として別途費用が発生することがあります。
プラン相談時に、外観の意匠や外構デザインなども含めた予算設定が必要です。

事例3
オプション項目が増えて、総工費が膨らんでしまった!

<Mさんの場合>
土地購入時の見積もり金額は、予算に収まっていました。営業担当から説明も受け、確認はしたつもりでしたが、いざ打合せが始まってみると、見積り金額では、キッチンや浴室等はほとんど選ぶことができず、グレードもかなり低く、間取りもほとんど決まっており、いくつかのパターンから選ぶことしかできませんでした。
理想の暮らしを叶えるためには、オプションを増やすしかない・・・。 そして、結局500万円以上予算オーバー・・・。
住宅ローン審査で金額を増額し、何とか支払いはできたのですが、生活が苦しくなってしまいました。

<ここに気をつけましょう>
ウィルでは、家づくりの予算である土地費用、工事費、諸経費をバランスよく考えてご提案させていただきますので、ご安心ください。

事例4
関係業者との連携がとれず、手配等は全て自分がおこなうことに・・・。

<Kさんの場合>
仲介業者・ハウスメーカーとの連携がうまく取れず、住宅ローンの手続きや現自宅の売却の段取りなど、すべて自分がおこなうことに・・・。
最大で、銀行・司法書士・仲介業者・ハウスメーカー・外構業者・・・とのやりとりを同時におこなうこともあり、交渉をはじめ、大変な思いをすることになりました。


<ここに気をつけましょう>
ウィルでは、営業担当、設計担当、住宅ローン担当などからなるウィルのお客様専属チームを編成し、お住まいづくりをきめ細かくサポートいたします。
窓口ひとつで対応させていただくので、面倒なこともなく安心です。

お問合せはこちらご売却に関するご相談、ご質問等お気軽にお問合せ下さい。
お電話でのお問合せ:0797-74-8333 メールでのお問合せ

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。