阪神間-北摂(兵庫・大阪)エリアの不動産の売却はウィル。

地震に強い家inspection

一生を分けるのは一瞬の安全性です。
ウィルは、「耐震構造」と「制震構造」を融合した地震に強い構造を推奨しております。
強靱なオリジナル構造をベースとして、お客様の個性に合わせた自由設計が可能です。

地震に強い構造

「2×4工法」による頑強なつくりで揺れを受け止める「耐震構造」に、
制震装置を組み込み、揺れを吸収する最先端テクノロジー「制震構造」をプラス。
予期せぬ大地震に対し、ご家族の安全はもちろんのこと、お住まいもしっかり守ります。

制震構造 制震装置を組み込み揺れを吸収する制震構造

建物の耐久性が向上し使用年数が長くなることや、日本各地の地震の発生予測をみると、これから建築される住宅が大地震に遭遇する確率は高くなると考えられています。このようなリスクの中、大地震や連続地震からお住まいを守れるのが「制震システム」です。

  • 制震イメージ
  • 地震エネルギーを熱に変換する
    エネルギー吸収体内蔵デバイス

    エネルギー吸収システムが、地震の破壊エネルギーを建物に無害な熱エネルギーに変換。地震エネルギーの半分以上を吸収し、連続する地震でも損傷を最小限に抑えます。

  • 制震設備
メリット
耐震構造「2×4工法」 頑強なつくりで揺れを受け止める耐震構造

それは、永住仕様と呼ぶにふさわしい確かな基本性能。面構造のため地震に強く、断熱性が高いので結露が抑制され、すぐれた耐久性を生み出しています。しかも、設計上の自由度が高く、表情豊かな外観デザインが実現し、住戸内にも柱のない開放的な空間を確保できています。

■モノコック構造
2×4工法は、日本での正式名称を枠組壁工法というように、構造の基本となる枠組と面材で形成する床面、壁面、屋根面によって箱をつくります。つまり、床、壁、屋根の6面体を1単位として空間を構成するモノコック構造。 スペースシャトルや新幹線にも採用される、この構造を住まいに用いることで、地震の際も6面体全体で揺れ自体を抑えるとともに、バランスよく分散し、高い耐震性を実現します。
モノコック
ベタ基礎

基礎の施工方式は建築部分全面に鉄筋コンクリートを敷き詰めるベタ基礎を採用しました。

  • 地盤調査
  • 地盤改良
  • 防湿シート
  • 地盤調査1
    スウェーデン式サウンディング試験
  • 地盤改良
  • 防湿シート
  • 基礎配筋
  • コンクリート型枠
  • ベタ基礎完成
  • 基礎配筋
  • コンクリート型枠
  • ベタ基礎完成

※地盤改良については、地盤調査に基づいた適切な処置を行います。

  • 基礎パッキン工法

    床下の通気性を高めるため、
    基礎と建物のすき間を設ける
    基礎パッキン工法を採用して
    います。

    基礎パッキン
  • 防腐・防蟻処理

    1階の外周壁には1.0m〜1.3m
    の高さまで防腐・防蟻処理を
    施しています。

    防腐防蟻
  • 構造材は乾燥材を使用

    構造材はS-P-Fと呼ばれる樹種群を使用しています。北米の製材工場で含水率19%に乾燥され、その後、一定量ごとにビニール等で丁寧に梱包され日本に輸送されます。
    ※木材は繊維飽和点(含水率28%)以下に乾燥させることで、水の通り道であるピット(壁孔)が閉じて水が通れなくなります。そしてこのピットは一度閉じると木材を煮沸しない限り開かないという性質があります。

ファイヤーストップ構造

一般木造や鉄骨造などの軸組構造では、壁の内側や天井裏を伝わって火が燃え広がってしまいます。
2×4の家では1階と2階や各室間の「火の通り道」をファイヤーストップ材によりシャットアウト。
万が一、火が石膏ボードを通過した場合でも、壁の中を伝わって燃え広がることを防ぐ効果があります。

また、壁・天井内に455mm間隔で入っている構造材も火の進行を止める
「防火シャッター」のような働きをします。
これらのことから2×4工法は「ファイヤーストップ構造」とも呼ばれています。

ファイヤーストップ
樹脂サッシ
サッシ

防露
結露の発生を減らして、健康な室内環境を保ちます。

樹脂複合枠(下枠二重断熱)を採用することで、アングル部の不快な結露を抑え、内装材の腐食やクロスの汚れを防ぎます。
※熱伝導率:樹脂はアルミに対して約1/1000

ホルムアルデヒド対策
シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの発生を防止する対策として、建具やクロス、クロスの接着剤は建築基準法による規制において最もホルムアルデヒドの放出量の少ないF★★★★のものを使用しています。 ホルムアルデヒド
第三者機関による保証
住宅保証機構

住宅瑕疵担保履行法に基づき、財団法人住宅保証機構が提供する
住宅瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」に加入しています。
売主が倒産等の場合など相当の期間を経過してもなお補修が行えない場合等は、
買主である住宅取得者様が財団法人住宅保証機構に
瑕疵の補修等にかかる費用等(保険金)を直接請求することができます。

基本構造 保険のしくみ
定期点検

入居後1年目・2年目には施工会社による定期点検を行います。

お問合せはこちらご売却に関するご相談、ご質問等お気軽にお問合せ下さい。
お電話でのお問合せ:0797-74-8333 メールでのお問合せ

 
阪神間-北摂エリアで不動産(マンション・一戸建て・土地)の売買、賃貸、リフォーム、住宅ローンのことなら「株式会社ウィル」へ

中古×リフォーム
  1. 事例集
  2. マンション
  3. 一戸建て
©2008-2017 株式会社ウィル このサイトの文章、写真などの著作権は株式会社ウィルに帰属します。無断での転載、コピーなどは禁止しています。